前向きに読み解く経済の裏側

2016年9月12日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

元をとることより幸せになる事を考えよう

 店の視点から客の視点に移りましょう。ビュッフェ店に行くか否かを決める際に考えるべき事は、「定価2000円の食事を2つ食べて3000円なら元がとれるからビュッフェ店にしよう」ではなく、「3001円払っても食べたいものが3000円で食べられるから」です。定価が高くても満足できない食事はいくらでもありますから。

 今ひとつ、たとえビュッフェ店で「3001円払っても食べたい料理が3000円で食べられる」としても、他にもっと良い店があったら、ビュッフェ店には行かない、ということです。これは当然のことのようですが、「機会費用」と呼ばれるもので、意外と誤った意思決定をする人も多いので、別の機会に詳述します。

 さて、ビュッフェ店に行くと決めたとします。客としては、入場料を3000円払った時点で支払いは終わっています。あとは、自分の幸福度を最大にすることだけを考えましょう。

 「まだ元をとってないから我慢して食べよう」「元はとったけど、あと一口なら食べられるから頑張ろう」というのは無駄な努力です。元が取れても取れなくても、とにかく食べたいだけ食べれば良いのです。

 極端を言えば、店の料理がマズかったら、何も食べずに出て、家でお茶漬けを食べれば良いのです。入場料の3000円は、戻って来ないのですから、無理してマズいものを食べると「3000円の出費とマズい思い」をすることになります。マズい店で定価2000円の食事を2つ食べるくらいなら、家のお茶漬けをたべて「3000円の出費と普通の思い」をした方が幸せでしょう。

 ビュッフェ店の入場料のように、「払ってしまって戻らない金」の事を「サンクコスト」と呼びます。これは是非、心に留めておくべき言葉ですので、別の機会に詳述することとしますが、覚えておいていただきたい事が2つあります。

① 既に払ってしまって戻って来ないお金の事は忘れて、未来志向で一番自分が幸せになれるような選択をしましょう。

② 自分がバカだったという事を認めたくない故に、将来の幸せを犠牲にするのは愚かなことです。たとえばマズい店であっても無理して元をとろうと頑張ることなど。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る