ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2016年9月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 前回まで4回にわたって、子どものスケジューリング力を高める方法についてお話してきました。本連載の目的は、仕事で忙しい日々を送っているお父さん、お母さんが、負い目も無理も感じずに肩の力を抜いて子育てを楽しめることにあります。その方法として、みなさんがビジネスパーソンとして常日頃から磨いているビジネススキルを子育てに活用していく、実践的な方法をご紹介していきます。

今回はチェックリストの活用方法について(iStock)

計画を立てることは
自分がどう生きたいかを決めること

 その最初のテーマにスケジューリングの力を選んだのは、計画を立てることは、自分がどう生きたいかを決めることと同じだからです。親であればだれしも、わが子に幸せな人生を歩んでほしい、自分の力で生きていける力を養ってあげたい、子が世界に羽ばたいていく姿を見ていたい、と望むものでしょう。だからこそ、子どもの健康を気遣うし、栄養を考えるし、いろんな体験をさせてあげたり、言葉と態度で子に愛情を伝えようとしたりするのですね。

 小学校受験や中学受験に取り組むのも、子どもにとってより良い環境を手に入れ、受験生活を通じて子ども自身が考える力や耐える力、乗り越える経験を手に入れ、自分で決めた道を自分の力で歩めるようになって欲しいという願いがあってのことと思います。

 そうして子が育っていく過程に親として、一生懸命に関われば関わるほど直面する悩みが、「結局最後は子どもが自分でやるしかない」という事実ではないでしょうか。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る