ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2016年8月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 子どものスケジューリング力を育むにはどうすればいいのかについて、話を続けましょう。前回は「スケジューリング力を育む親の5つの素養」についてお話ししました。

iStock

1.時計の感覚
2.行動の記録
3.笑顔のフィードバック
4.タスクの分解
5.カジュアルな問いかけ

 の5つですね。この素養を大切にしながら、次は、子どもが計画を立てられるようになるための9ステップに入っていきましょう。

子どもが計画力を身につける9つのステップ

 子どもが計画を立てられるようになるための9ステップは次の通りです。

〔STEP1〕カレンダーと出会う段階
〔STEP2〕遊びの予定を聞く段階
〔STEP3〕行動の記録をつける段階
〔STEP4〕今日の予定を立てる段階
〔STEP5〕一週間のおおまかな予定を立てる段階
〔STEP6〕ルーティンを整える段階
〔STEP7〕一週間計画を立てる段階
ⅰ.子どもが案を出し親が書く
ⅱ.親が枠だけ作って中身は子どもが書き入れる
ⅲ.子どもが全部書く
〔STEP8〕目標達成の計画を立てる段階
ⅰ.できていたいことの書き出し
ⅱ.目標の話し合い
ⅲ.目標達成のためのタスク整理
ⅳ.各タスクの所要時間計算
ⅴ.生活時間と欲求の点検
ⅵ.優先順位付け
ⅶ.計画決定
〔STEP9〕結果を振り返り計画を修正する段階
ⅰ.結果と計画タスクの点検
ⅱ.望ましい過ごし方の振り返り
ⅲ.成果の出る計画づくり

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る