それは“戦力外通告”を告げる電話だった

2016年12月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

高森勇旗 (たかもり・ゆうき)

元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

門倉 健(Ken Kadokura)
1973年生まれ。埼玉県の聖望学園、東北福祉大学を経て、95年に中日ドラゴンズから2位指名を受けて入団。1年目から1軍で活躍するも、4年目のオフにトレードで大阪近鉄バファローズへ移籍。03年オフに再びトレードで横浜ベイスターズへ移籍し、05年に最多奪三振のタイトルを獲得。06年オフにFA宣言し、読売ジャイアンツへ移籍。08年には自ら自由契約を申し出て、シカゴ・カブスとマイナー契約を結ぶも開幕直前に戦力外通告を受ける。韓国へ渡り2年目には14勝を挙げ、優勝に貢献。12年は北海道の伊達聖ヶ丘病院硬式野球部に所属し、同年オフに引退。13~15年は韓国・三星ライオンズでコーチ等を務め、現在は野球解説者。
(写真・NORIYUKI INOUE)

 「オマエ、そんなにデカくてサラリーマンになれるか? オマエはプロになれ」

 門倉健は、東北福祉大学に入学するなり、当時の伊藤義博監督(故人)に告げられた。

 「野球部に入部して、最初の会話だよ? そりゃ、衝撃だよね」

 身長193センチの門倉が、そう言って少し肩をすくめる。聖望学園からプロ野球を目指し進学した同大学。200人を超える部員の中で競争を勝ち抜き、3年時にはエースとなった。MAX150キロのストレートを武器に、4年時には大学選手権準優勝。1995年、中日ドラゴンズからドラフト2位指名を受けた。

 「4年間とにかく必死だった。プロがどうこう考える暇もなく、毎日9時から21時まで練習してさ。だから、特別な感情はなかったよ」

 門倉はプロ野球の門を叩いた。

 

中村、立浪がきっかけ 最大の武器誕生秘話

 「1試合、何点取られるんだろう」

 大学では無敵だったストレートも、プロでは「ただ速いだけ」のボールで、簡単に弾き返された。4月、結果の出ない門倉は、当時のエースだった今中慎二の投球をブルペンで目撃した。

 「ミットに入る勢い、変化球の質。全てのレベルが違う。これがプロの球だ」

 以降、投球「術」を磨き徐々に頭角を現した。

 オールスター明けの7月25日。1軍に合流した門倉は、当時のレギュラーキャッチャーだった中村武志とブルペンに入った。そこへ、目を慣らすために打席に入ったのは球界を代表する打者の立浪和義。緊張感たっぷりのブルペンで、中村が一言放った。

 「オマエ、身長デカいから、フォーク投げれるだろ」

 試しに投げたところ、2人からは思いもよらぬ反応が返ってきた。

 「これは使えるぞ!」

 翌日、初登板のマウンドでフォークを駆使し、古田敦也、池山隆寛から三振を奪った。ここで自信を得た門倉は、後半戦だけで7勝を挙げる。2年目、3年目と連続で10勝を挙げ、迎えた4年目。春のキャンプでのオーバーワークがたたり、シーズンに出遅れ、結局この年は2勝に終わった。チームが秋季キャンプに向かう前日、球団事務所に呼び出された。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る