WEDGE REPORT

2017年2月13日

»著者プロフィール
閉じる

並木裕太 (なみき・ゆうた)

フィールドマネージメント代表取締役

慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。ペンシルバニア大学ウォートン校でMBA取得。2009年にフィールドマネージメントを設立。Jリーグの理事も務める。

 2016年12月18日、横浜国際総合競技場でFIFAクラブワールドカップの決勝戦が行われた。かたやクリスティアーノ・ロナウドらを擁するスター軍団のレアル・マドリード(スペイン)。かたや2016シーズンのJリーグを制し、開催国枠として出場権を得た鹿島アントラーズ。
 
 “格”の違いからレアルの楽勝と見る向きも多かったが、2-2の同点で試合は延長に突入。最終的にはレアルが4-2で熱戦を制したものの、鹿島の予想外の善戦に世界は驚いた。

クラブワールドカップの決勝で鹿島はレアルに2対4で敗れたものの一時は2対1でリードするなど、その善戦ぶりが大きく報じられた
(写真・ETSUO HARA/GETTYIMAGES

 だが、選手の声を拾うと、いかんともしがたい実力差を痛感させられていた。DFの昌子源は試合後、「見ている人は案外できたんじゃないかって思うかもしれないけど、けっこうしんどかった。僕は通用したとは思っていない」と語ったという。別の選手が「段違いでした。かなわないです」と本音をこぼしたのも直に聞いた。

 たしかに鹿島はすばらしい試合をし、欧州王者を追いつめた。それが評価すべき事実であることに異論はないが、あえて厳しい表現を使えば、Jリーグはまだ“レアルに善戦”がニュースになるレベルでしかないとも言える。

 そもそも、経営体としてのクラブの規模があまりに違う。デロイトが16年1月に発表した「Football Money League 2016」によれば、世界で最も収入の多いクラブ(14-15シーズン)がレアルであり、11年連続でその座を守っている。売上の総計は5億7700万ユーロ(約710億円・以下、すべて1ユーロ=123円で計算)という超ビッグクラブだ。その内訳はチケット収入が1億2980万ユーロ(約160億円)、放映権収入が1億9990万ユーロ(約246億円)、スポンサー・コマーシャル収入が2億4730万ユーロ(約304億円)となっている。

 一方、鹿島の売上は43億円あまり(15年度)でレアルの16分の1の規模に過ぎない。年俸総額でも約7億円の鹿島に対してレアルは約291億円という比べようもないほどの差が横たわっている。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る