書籍詳細

なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか ―日中韓 熾烈なイメージ戦
桒原  響子 著

目次
立ち読み

尖閣諸島や竹島などを巡る領土問題、慰安婦や徴用工などに関する歴史認識にまつわる問題を巡り、中国や韓国は米国を中心とした国際社会で「反日宣伝」を繰り広げている。

日本は「正しい姿」を発信することで対抗すべく、自国のイメージアップを懸けた戦いが世界で繰り広げられている。

従来の外交である「政府対政府」の形ではなく、政府が相手国の世論に直接働きかける「パブリック・ディプロマシー」の重要性が世界中で高まっている昨今、この中韓の「イメージ戦略」、すなわち「パブリック・ディプロマシー」は日本の立場を揺るがすような影響力を持ち始めている。

日本が採るべき戦略について、新進気鋭の若手研究者が考察する。

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

<書籍データ>
◇四六判並製 200ページ
◇定価:本体1,600円+税
◇発売日:2020年3月20日
◇ISBN:978-4-86310-221-7

 

 

<著者プロフィール>

桒原 響子(くわはら・きょうこ)

1993年生まれ。2012年米国ウエストバージニア大学において国際政治学や通訳翻訳等を学び、2017年大阪大学大学院国際公共政策研究科修士課程修了。

笹川平和財団安全保障事業グループ研究員、外務省大臣官房戦略的対外発信拠点室外務事務官を経て、2019年より日本国際問題研究所研究員、未来工学研究所研究員、京都大学レジリエンス実践ユニット特任助教。

専門は、国際公共政策、パブリック・ディプロマシー、ストラテジック・コミュニケーション、メディア研究等。

著書に、『アフター・シャープパワー:米中新冷戦の幕開け』(共著、東洋経済新報社、2019年)。

なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか ―日中韓 熾烈なイメージ戦

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
脱炭素バブル

2020年4月号(3月20日発売)

特集
脱炭素バブル

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
古都、さくら美譚

2020年4月号(3月20日発売)

特集
古都、さくら美譚

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。