世界史を突き動かした英仏独三国志

対立と協調の欧州500年史

関 眞興
電子版あり
世界史を突き動かした英仏独三国志
電子版あり
世界史を突き動かした英仏独三国志
対立と協調の欧州500年史
関 眞興

イギリスVS.フランスVS.ドイツーー英EU離脱は必然だった!日本人が知っておきたい「隣国」同士の仲が悪い本当の理由。世界の諸問題の根源がわかる。

定価:1,870円(税込み)
新書判並製 264ページ
発売日:2020年12月16日
ISBN:978-4-86310-232-3
試し読み
リンクをコピーしました

◎「イギリス VS.フランス VS.ドイツ」で知る世界史
EU牽引役・イギリスはなぜ離脱したのか?
民族移動、宗教対立、国民国家、帝国主義、資本主義、世界大戦、民主主義、欧州統合…。
世界の諸問題の「根源」がこの1冊でわかるポストコロナ時代に日本人必読の新教養。

 

世界史で大国として役割を果たした英仏独。三国に絞り、歴史を並行して見ていくことで、時系列での表層的な理解だけにとどまらず、歴史の本質がつかみやすくなる。現代のような「国民」「国家」概念がなかった古代に、言語の違いを意識した現在の英仏独の原型ような枠組みが誕生。

中世は宗教改革と宗教戦争で世俗権力と宗教が切り離され、主権国家が出現。近世はフランス革命とナポレオンによって形成された国民国家により、三国で新たな対立が勃発。その後、近現代では、第一次世界大戦、第二次世界大戦、東西冷戦を経て、現在の英EU離脱・コロナ禍に至るまでとなった。
本書では、対立・牽制・協調をキーワードに、英仏独三国の歴史をタテの時系列だけで見るのではなく、歴史的現実に三国がどのように対応してきたのかというヨコの視線で眺めて理解を深めていくという、全世界がポストコロナで新時代に生きる日本人のための新発想の世界史教養本。

著者プロフィール
関 眞興
歴史作家・研究家

1944年、三重県生まれ。歴史作家・研究家。東京大学文学部卒業後、駿台予備校世界史講師を経て、著述家となる。『学習漫画 世界の歴史』『学習漫画 中国の歴史』シリーズ(以上、集英社)の構成を手がけたほか、著書に『読むだけ世界史 古代~近世』『読むだけ世界史近現代』(以上、学習研究社)、『総図解 よくわかる世界の紛争・内乱』『さかのぼり世界史』(以上、新人物往来社)、『30の戦いから読む世界史』『キリスト教からよむ世界史』(以上、日経ビジネス人文庫)、『19世紀問題 近代のはじまりを再考する』(PHP研究所)、『世界史の流れをつかむ技術』(洋泉社)など多数。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 歴史 世界史を突き動かした英仏独三国志

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
ehon