日本の漁業が崩壊する本当の理由

片野 歩
電子版あり
日本の漁業が崩壊する本当の理由
電子版あり
日本の漁業が崩壊する本当の理由
片野 歩

漁業改革、まったなし

定価:1,430円(税込み)
新書判並製 208ページ
発売日:2016年12月20日
ISBN:978-4-86310-172-2
リンクをコピーしました

魚が獲れない! 消費も減っている! そんな国は実は、世界中で日本だけだった……水産物取引の最前線で活躍する著者が、漁業のサステナビリティー(持続可能性)が保たれた、明るい未来への具体策を提言します。
WEDGE Infinityの記事「日本の漁業は崖っぷち」でおなじみ、片野歩氏の新刊は、日本漁業の現状把握と海外との比較、そして解決のための戦略まで、現状を変えるための熱い提言が詰まった1冊です。
電子書籍同時発売。

著者プロフィール
片野 歩 (かたの あゆむ)

東京生まれ。早稲田大学卒。1990 年から北欧を中心に、最前線で水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには20 年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。2015 年、水産物の持続可能性(サステナビリティー)を議論する国際会議「シーフードサミット」で、日本人初の最優秀賞「シーフードチャンピオン」を政策提言(アドボカシー)部門で受賞。著書に『魚はどこに消えた?』(ウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)がある。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 政治・経済 日本の漁業が崩壊する本当の理由

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
Booklive