WEDGE REPORT

2017年11月2日

»著者プロフィール

 ニューヨーク中心部マンハッタンで10月31日、ピックアップトラックが自転車道に突っ込み8人が死亡した事件は、車の暴走がテロの主流になったことをあらためて浮き彫りにした。壊滅の瀬戸際にある過激派組織「イスラム国」(IS)、国際テロ組織アルカイダの双方とも車によるテロを呼び掛けており、世界はその対策を早急に迫られている。

テロに使用されたピックアップトラック(Spencer Platt/Getty Images)

米入国後に過激化

 今回の事件の容疑者は2010年に中央アジアのウズベキスタン・タシケントから米国に移民として入国したサイフロ・サイポフ(29)。マンハッタン南部の東側ハドソン川沿いの自転車道に北方から猛スピードで突っ込み、次々に自転車や歩行者をはね飛ばして、最後はスクールバスに衝突して止まった。

 現場は2001年の米中枢同時テロで崩壊した世界貿易センタービル跡地にある「9・11記念博物館」に近い。またこの日の夜にはハロウイーンのパレードが行われたこともあって、仮想した子供や市民が多く、事件をハロウイーンの悪ふざけと思った人もいた。犠牲者の5人はアルゼンチンからの観光客。

 サイポフは模造拳銃とペンキ弾銃を持ってトラックから逃走しようとしたが、警官に腹を撃たれて病院に搬送された。サイポフは衝突した車から飛び出した際、「アッラー・アクバル」(神は偉大なり)と叫んでいたところが目撃されており、またトラック内にISに忠誠を誓ったメモが残されていた。

 ISからの犯行声明は出ていないものの、こうした状況からISのテロの呼び掛けに応じた「一匹狼型の単独テロ」(捜査当局)だったことが有力。クオモ・ニューヨーク州知事は「米国に来てからISの影響を受け過激化した」と述べた。サイポフはIS戦闘員ら典型的なイスラム過激派のように、長いあご髭を生やしていた。

 米連邦捜査局(FBI)は過去2年間に米国内でウズペキスタン人5人とカザフスタン人1人を、IS支援の容疑で起訴した。サイポフがこの事件に関係していたのかは不明だが、FBIから一時的にマークされていたとされている。

 米メディアなどによると、サイポフは米入国後、フロリダ州のタンパでトラック運送の運転手をやり、その後ニュージャージー州パターソンに移り住んだ。妻と子供2人がおり、現在はアプリを使った配車サービス「ウーバー」の運転手だという。

 サイポフの出身地であるウズベキスタンには元々、アルカイダ系の「ウズベキスタン・イスラム運動」(IMU)や「イスラム解放党」という2つの過激派組織があり、両者ともイスラム国家樹立を標榜している。IMUは99年に日本人技師の拉致事件を起こしたことで知られる。

 最近では、シリアやイラクで戦ったIS戦闘員がウズベキスタンに舞い戻るケースが増えるなどISの影響力が強まっており、サイポフはネットを通じてISの呼び掛けに感化されたことが濃厚だ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る