WEDGE REPORT

2017年11月10日

»著者プロフィール
閉じる

崔 碩栄 (チェ・ソギョン)

ジャーナリスト

1972年韓国ソウル生まれ。韓国の大学で日本学を専攻し、1999年渡日。関東地方の国立大学で教育学修士号を取得。日本のミュージカル劇団、IT会社などで日韓の橋渡しをする業務に従事する。現在、フリーライターとして活動、日本に関する紹介記事を中心に雑誌などに寄稿。著書に『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』(彩図社刊)、『「反日モンスター」はこうして作られた-狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉』(講談社刊)がある。

 現代社会において、過度なナショナリズムや民族主義は、どの国家においても警戒対象とみなされている。国家間の往来、交流、移住などが特別な出来事ではなくなった現在、民族や国家を強調することは時代錯誤で、利己的な思想だという意見が多勢である。

 日本においてもこれは例外ではなく、国粋主義的な、あるいは民族の優位性を語るような発言をする人が居たとすれば、テレビや雑誌が批判を繰り広げるのが常である。近年、「レイシスト」という単語が頻繁にマスコミに取り上げられ、問題視されていることがこの実例である。
韓国においても、この風潮については同様である。ナショナリズムであったり、民族主義については、マスコミでも問題視され、知識人たちが敏感に反応するキーワードとなっている。

 だが、韓国のそれには、他国とは大きな差異があることを指摘したい。つまり、韓国社会が敏感に反発するナショナリズムや民族主義は、「韓国人に向けられた、他国におけるナショナリズムや民族主義」であって、韓国社会が外国人に対して示すそれについては、相当に、鈍感であるということだ。これを如実に物語る例を、大学のキャンパス内でみることができる。

外国人をざわつかせる大学スローガン――「民族」「愛国」「解放」

 韓国では大学ごとに学生会が作り、大学をあげて使われている「スローガン」がある。日本でも、例えば甲子園の高校野球の応援などをみていると「常勝軍団●●高校」であったり「絶対優勝 ××高校」といった、短くインパクトのある文言の横断幕が掲げられている。

 組織の目標や方向性を示したスローガン、韓国では運動部だけではなく多くの大学において一般的に存在しているのだ。

 これらのスローガンは、横断幕やポスターなどで宣伝され、キャンパス内のいたるところで目にすることが出来る。キャンパスを歩けば当然目に入って来るこれらのスローガンは、学生たちはもちろんのこと、大学とは無関係な一般の人々にも広く知られている。それだけこれらのスローガンは様々な場面で謳われているのだ。大学のスローガンは、その大学、そしてそこに通う学生たちのイメージそのものといってもいい。
 
 ところで、これらのスローガンの中には、外国から来た留学生たちが読んだらぎょっとするであろう内容が多い。「民族」や「愛国」などナショナリズムを強く押し出したようなスローガンである。驚かれるだろうが、韓国には全国数十の大学でこれらの言葉をスローガンに用いている。フィギュアスケートで有名なキムヨナが卒業した高麗大学のスローガン「民族高大(高麗大学)」や、韓流スター、イヨンエの卒業した漢陽大学のスローガン「愛国漢陽」は代表的な例である。

キャンパス内の階段に大きな文字で書かれている『愛国漢陽』という文字

 仮に、日本の大学がこのようなスローガンを掲げている状況を想像してみて欲しい。「愛国 慶應」、「民族 早稲田」といったスローガンが、それぞれの大学キャンパスのあちらこちらで宣伝され、早慶戦の応援席で学生たちがそのスローガンを叫んでいる姿を。少なくとも私は日本の大学においてこのようなスローガンを見たり、聞いたりした記憶はない。万が一、私がそのようなものを目にしていたのなら、ものすごい違和感を覚え、同時にその国粋主義的な、民族主義的なフレーズに嫌悪感を覚えていただろう。そして、スローガンに書かれた国、民族の外部の人間として、不快感を覚えていたに違いない。

 問題は、韓国の大学生の大部分が、この問題の深刻性を認識さえしていないということだ。特別に愛国主義というわけでもなく、ナショナリズム性向というわけでもない学生たちですら、抵抗感どころか違和感さえも覚えずに、当たり前のように大学祭や体育大会でこれらのスローガンを叫んでいるのだ。「民族」だとか「愛国」というスローガンが、朝鮮民族以外の人々に、韓国人以外の人々に、どのような印象を与えるかということに対して「鈍感」であると言わざるを得ない。

 実のところ、私自身も韓国に居た頃には、いくつもの学校の名前に「民族」や「愛国」といった単語が含まれるスローガンを見たり、聞いたりしていたわけであるが、問題意識を持つどころか、何の違和感も覚えずにいた。第3者、つまり外国人の立場から見たら、それがどんなにおかしな風景なのか、考えたことがなかったのである。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る