日曜ドラマ「ATARU」・「家族のうた」
明暗分けた主演男優の演技

栗山千明を輝かせる中居正広


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

ドラマをみるきっかけは何だろうか。主演の男優に魅かれてか、共演の女優か、その逆もある。主演と共演の魅力は分かちがたく、ふたりをみたいこともあるだろう。

日曜夜9時ドラマの明暗
打ち切り決定「家族のうた」

 視聴率激戦区の日曜夜9時のゴールデン・タイム、TBS「ATARU」と、フジテレビ「家族のうた」はどうだろう。特異な才能で事件を推理するATARUを演じるのは、SMAPの中居正広である。オダギリジョーは「家族のうた」で、売れないロック歌手・早川正義を演じている。

 共演は、中居の相手は、警視庁刑事・蛯名舞子役の栗山千明である。オダギリジョーは、カメラマン・青田洋子役の貫地谷しほりである。

 ふたつのドラマは、春の新番組、いわゆる改編によって、2012年4月15日同時スタートした。ともに第5回となる5月13日、新聞の朝刊の芸能ニュースは、オダギリジョー主演のフジ「家族のうた」が、視聴率の不振から、第8話で打ち切りになる、と報じている。前回の平均視聴率は3.1%であった、と。

 オダギリジョーは筆者が注目している俳優のひとりである。西川美和監督の「ゆれる」(2006年)で、写真家の早川猛を演じた。恋人の川端智恵子役は真木よう子、兄の稔役は香川照之である。真木との男女の心理的な駆け引きにおけるオダギリの演技は、智恵子の死をめぐる裁判劇の伏線となる。

「ATARU」がヒットした理由

 週明けの仕事が頭の片隅をかすめる日曜日の夜、女優・栗山千明に魅かれて、筆者は「ATARU」を春の改変では選んだ。「ATARU」は、いわゆる事件もので1話ごとに殺人事件の謎解きがあるシリーズである。

 5月6日放映の第4回を振り返る。中居は「チョコザイ」と名乗る。特別な領域に関して才能を持っているサヴァン症候群の男の設定である。栗山との会話は成立していない。

 殺人事件ではなく事故として取り扱われる「捨て山」といわれる事件を結果として、栗山と解決する。短い言葉を発して、捜査の方向性を決める。

 この回は、単発飛行機の操縦士が離陸しないでフェンスに激突、死亡して見つかった事件である。チョコザイは、もう一機の単発機が事故にあった飛行機の上をかすめるように急接近したのが原因で、死亡した飛行士が激突したことを明らかにし、殺人事件の解決へと導く。

 犯人は、操縦士の指導教官であったかつての恋人であった。死んだ男がこころがわりして、別の女性と結婚することを恨んだ犯行だった。

 チョコザイは、事件の捜査の「開始」と「終了」を短く英語でつぶやく。事件が解決すると瞬間的に眠りに入り、涙がほほを伝う。

→次ページ 「主人公が自分ではない」と「ローマの休日」出演を断った男優

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍