CM、テレビドラマ、映画の世界を
自在に行き来する上戸彩の今日性

NHKドラマ10「いつか陽のあたる場所で」


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

古い日本家屋の薄暗い居間で、綾香(飯島直子)と芭子(上戸彩)がそれぞれニンジンと長ネギをマイクにみたたて手に握り、PUFFYのヒット曲である「アジアの純真」を歌う。

白のパンダを どれでも 全部 並べて
ピュアなハートが 夜空で弾け飛びそうに 輝いている

白のパンダを どれでも 全部 並べて
ピュアなハートが 世界を 飾り付けそうに 輝いている

 NHKドラマ10「いつか陽のあたる場所で」第1回(1月8日放映)である。タイトルは「前科ある二人」。

これまでのイメージをくつがえす「汚れ役」

 ドラマのスタートは、上戸が女子刑務所から7年間の刑期を終えて、出所するシーンから始まる。誰も迎えはなく寂しそうに道を歩み始めた上戸に、飯島が駆け寄ってくる。刑務所の仲間で先に出所したことがわかる。

 田園風景のなかを走る電車に乗り込んだふたりが目指すところは、上戸が住むことになる亡くなった祖母が残した、東京の下町である谷中の2階建ての住宅である。

 上戸の出所に備えて、自分も同じ町内に住み始めたことを飯島は告げる。

 第2回「強くなりたい」(1月15日放映)と合わせて、ふたりの過去と、上戸の隣りに住む老夫婦や飯島が勤めるパン屋の主人、そして上戸の家族たちが紹介されていく。

 女子大生時代にホストクラブにはまった上戸は、ホストに入れあげるカネを目当てにして、出会い系サイトなどで知り合った男たちに睡眠導入剤を飲ませて眠らせ、財布から金を抜き取る。

 朝帰りの上戸が警察に逮捕されるシーンでは、母親の妙子(浅野温子)と父親、弟が自宅の玄関でみつめる。

 「ごめんなさい」と上戸は泣き崩れる。

 飯島の刑事事件は、夫の家庭内暴力に苦しめられた末に息子を守るため、ネクタイで夫の首を絞めて殺す。

 「アジアの純真」は、上戸が刑務所の演芸会で披露して、仲間にほめられた歌である。飯島も歩きながら口ずさむ。その視線の先には、自分の過去を思い出させる、仲むつまじい母親と子どもの姿があった。殺人を犯した彼女は、息子と会えないのである。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍