「ガリレオ」刑事役に挑む吉高由里子
「蛇にピアス」の鮮烈な残像
夏川結衣と共通する若き日の覚悟とは


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

渋谷の夜のスクランブル交差点を下から見上げながら、カメラの目はなめるようにしてゆっくりと林立するビルを映し出していく。どこかうつろな視線である。そして音声がないままに映像は地下のクラブへと進んでいく。

 女優の吉高由里子が、タトゥーを背に入れる美少女を演じた、映画「蛇にピアス」(2008年)の冒頭のシーンである。監督の世界的な演出家である蜷川幸雄の映像は、退廃的な都会の風景のなかに吉高を美しく浮かび上がらせる。

 公開時に二十歳になったばかりの吉高は、この作品で同棲するボーイフレンドとタトゥーの彫り物師との鮮烈な愛欲シーンを初めて全裸で演じた。この年の日本アカデミー賞の新人賞など、各種の新人賞を獲得した。

大人の女優として
どのような道を歩み出そうとするのか

 フジテレビの月曜ドラマ「ガリレオ」は、物理学者・湯川学役の福山雅治とともに、難事件の解決にあたる貝塚北署の刑事・岸谷美砂役として、その吉高が登場している。

 有名大学の法学部出身のキャリアである岸谷は、エリート意識を身にまとっている。物理学を応用して事件の謎に迫る湯川と、ぶつかり合いながらも協力して解決に至る。

 「君は美人じゃあないよ。顔の部分の比率が美人と認識される比率とは違う」

 「でもかわいいっていわれる」

 「かわいいと美人は違うでしょ」

 理科系の論理家の設定の湯川と、文科系の捜査官の岸谷との台詞のやり取りはコミカルである。エリートを演じながらコメディアンヌの隠し味もときにみせる。

 美少女として女優のスタートラインに立った吉高は、20歳代半ばとなって、大人の女優としてどのような道を歩み出そうとするのか。

 「ガリレオ」の捜査官・岸谷役にはそんな興味がわくのである。

夏川結衣と競演

 第6話「密室る―とじる」(5月20日放映)を観る。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍