BSプレミアム「ハードナッツ!」
橋本愛が演じる理科系女子の推理ドラマ
「あまロス」症候群もいやされる


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」が最終回を迎えてから2カ月近くが経とうとしているのに、その喪失感から立ち直れない「あまロス」症候群はひどいものだ。

 総集編の前後編の録画はなんども観た。連続テレビ小説としては初めて出版される、宮藤官九郎の「あまちゃん 完全シナリオ集」第1部・第2部(角川マガジンズ刊)もアマゾンで予約して、11月末の発売を待つばかりである。

天才数学科女子大生が事件を解決!

 あまちゃんこと天野アキ(能年玲奈)の友人である足立ユイを演じた、橋本愛が連続ドラマの初主演となる「ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿」(BSプレミアム・日曜放映)は、そんな「あまロス」症候群をちょっといやしてくれるドラマである。

 「天才数学科女子大生VS爆弾テロリスト」の前後編(10月20日、27日)の特別版で始まったシリーズは、第5回「ワインと殺意の方程式」(11月17日)に至って、全8回の最終回まで残り3回を残すばかりとなった。

 名門東都大学の数学科の女子大生・難波くるみ(橋本愛)と、初音署の刑事・伴田竜彦(高良健吾)が毎回、数式や暗号が絡む難事件を解決する。数学の論理から謎を解こうとする、くるみと刑事の直感を疑わない伴田が、協力して犯人に迫る。

演技派・橋本愛のコメディアンヌぶり

 「あまちゃん」のユイ役の橋本愛になじんだ観客には、くるみ役はしばらく戸惑うことだろう。海外出張にでかけた担当教授の研究室を我が物顔に使っては、黒板に事件にからんだ数式をチョークで書きなぐり、教授の数学に関する蔵書を参考に読みまくる。果ては料理を作っては、研究室のテラスのテーブルでふるまう。

 セリフは語尾が、しり上がりの調子はずれ。毎回偶然のように事件の現場で伴田と出会って、一緒に謎を解くうちに恋するようになる。数学的な手法によって、男性の心を打つ言葉をちりばめたラブレターを手渡したり、料理を作って食べさせたりするが、いつも空振りに終わる。

 恋の仕掛けの成功を予想して、顔を左に傾けて上を斜め見るうれしそうな表情は、いつも最後は裏切られて、肩を落とす。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍