日テレ「東京バンドワゴン」
亀梨和也と多部未華子の
不思議なラブストーリー

舞台の下町大家族は懐古趣味ではない


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。」

 作家の小路幸也の「東京バンドワゴン」シリーズは、最後のページの真ん中にそんな文章がゴヂック体の文字で刻まれている。1961年生まれの小路が、テレビの黄金時代に捧げる献辞である。

 日本テレビの土曜ドラマが小路の人気シリーズを映像化した。サブタイトルは「下町大家族物語」である。

4世代同居の大家族の物語

 ドラマは第4回(11月2日放映)に至って、多部未華子が演じる謎の女子大生の槙野すずみの正体が明らかになった。舞台となる下町の古書店「東京バンドワゴン」に、すずみは偽名で住み込んだ。店主の堀田勘一(平泉成)の孫である青(亀梨和也)の恋人である。

 母を幼いころに失くして、父も最近亡くなった。「父と二人暮らしが長かったこともあって、大家族にあこがれてきた」と、大家族が食卓を囲んだなかで、すずみはいう。

 主人の勘一の長男で、還暦を過ぎた伝説のロックシンガーの我南人(がなと・玉置浩二)、その娘の藍子(ミムラ)、息子の紺(金子ノブアキ)、そして青、藍子の娘、紺の妻子。

 勘一を筆頭とする4世代同居の大家族である。

お茶の間で観る、連続ドラマの王道

 脚本家の大森美香は、原作に描かれている青とすずみのラブストーリーをすくい上げて、ドラマを貫く流れとしている。ドラマの初回から第4回まで、ふたりの出会いとすれ違い、そして誤解を描いてきた。

 魅かれ合うふたりのストーリーに、大家族とその周辺の人々のドラマが織りなされていく。映画館の暗闇のなかに浮かび上がるスクリーンで演じられる完結するドラマとは異なって、お茶の間の明るい空間のなかで観られることによって、発明された連続ドラマの王道である。

 ツアーコンダクターの青は、海外から帰宅の途中に酔って交番で事情を聴かれる。そこで大学の図書館で借りた本を失くして途方に暮れる、すずみに出会う。すずみは、日本文学を専攻する大学生である。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍