水産庁・資源管理のあり方検討会 
世界から取り残される日本の漁業

いまだに続く資源管理への自画自賛


片野 歩 (かたの・あゆむ)  水産会社 海外担当

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『魚はどこに消えた?』(ウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

日本の漁業は崖っぷち

成長する世界の水産業の中で、取り残されてしまっている日本。潜在力はありながらも、なぜ「もうかる」仕組みが実現できないのか。海外の事例をヒントに、解決策を探る。

»最新記事一覧へ

3月24日、水産庁において第1回「資源管理のあり方検討会」が開催されました。会は公開で行われ、傍聴者は100人近く集まり、広い会場に変更して行われました。業界紙だけでなく、多くのマスコミ関係者も来場しました。

 その理由の1つに、今回の12名の委員の中に、水産資源管理において一目置かれる存在である勝川俊雄・三重大学生物資源学部准教授(社団法人 海の幸を未来に残す会 理事)が選ばれていることもあります。これまで行なわれてきた同様の委員会では見られなかった「活発」な議論が展開されることが期待されたからです。

 多くのマスコミ関係、行政、政治家、水産関係者、そして本連載を読まれている方々も、「このままではまずい」とすでに気が付いています。そして日本の資源管理を世界と比較すると、致命的な相違点が随所に見られ、それらが漁業者だけでなく、水産業そして地域コミュニティをも苦しめていることもよくわかっています。その状況を変えるために、口火を切った一人が勝川准教授なのです。

日本の資源管理をめぐり紛糾する議論

 4月18日に開かれる第2回会議では個別割当制度(IQ・ITQ)に関する自由討論と、スケトウダラ、マサバの資源管理が議論される予定です。第1回は、水産庁からの説明が終わった後、議論が2時間近くに及び、その半分が、会議で孤軍奮闘する勝川准教授が提起した水産資源の見方と資源評価のやり方に費やされました。

 勝川氏は以下の見解を出しました。

 『漁村に行くと魚がいないという話ばかり、ここで議論されている「資源が良い」という話はどこの国の話なのか。日本の資源制限の表現の仕方は海外と違う。日本の場合は、急激に獲った後のある時点からしか考えていない。海外と同じように漁獲がほとんどなかった時代を基準に判断してはどうか?』

 『魚のたくさんいた昔のことを忘れて資源管理しても、資源の減少は解決しない』

 『水産庁が行ったアンケートでは9割の漁業者が、資源が減っていると答えている。水産庁の認識と漁業の現場で見聞きしていることには大きな隔たりがある。沿岸漁業が危険な状態にあって、TAC(漁獲枠)制がきちんと運用され、沿岸漁民に対して魚がきちんと残っているとは到底思えない』

 これらに対し、異論が相次ぎました。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「日本の漁業は崖っぷち」

著者

片野 歩(かたの・あゆむ)

水産会社 海外担当

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『魚はどこに消えた?』(ウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍