春の改編ドラマは池井戸潤原作が好調
「花咲舞が黙ってない」
「ルーズヴェルト・ゲーム」は最終回へ

影の主役は松本清張原作ドラマ


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

春の改編ドラマは、作家の池井戸潤氏が原作のドラマが独走のうちに、幕を閉じようとしている。

 日本テレビの「花咲舞が黙ってない」の最終回は、6月18日(水)22時からである。池井戸氏の『不祥事』と『銀行総務特命』が原作である。TBSの「ルーズヴェルト・ゲーム」は22日(日)21時から。

 小説の映像化はもちろん、ストーリーの展開の面白さに魅かれなければならない。池井戸作品あるいは、映像化される作品に必要なものとはいったいなんなのだろうか。

 それは必ずしも、ベストセラーであることが必要条件ではない。「半沢直樹」の原作は、池井戸氏が直木賞を受賞する以前の『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』であった。映像化によってベストセラーになったものである。

倒産直前の2時間
中小企業を救うため奔走

 「花咲舞が黙ってない」の第9話(6月11日)を観た。

 主人公の花咲舞(杏)は本店の「臨店」班の職員である。コンビを組む上司の相馬健(上川隆也)とともに、支店で起きる事件の解明にあたる。この回は新宿支店が舞台である。

 窓口業務(テラー)から銀行員としてスタートした花咲は、応援として窓口に入る。

 そこで出会ったのが、融資課の伊丹清一郎(平岡祐太)である。本店が銀座開発の大型融資先として、交渉をしているホテルなどのコングロマリッドの伊丹グループの御曹司。入行4年目である。

 伊丹が入行当初に振り込み業務をめぐって、ミスをしてとがめられた中小企業の融資の実行時期が迫っている。伊丹は過去にプライドを傷つけられた腹いせに、その中小企業が融資を受ける条件を満たしているにもかかわらず、稟議書をつくりかけのままにして、倒産に追い込もうとしている。

 花咲とコンビの相馬は、融資の実行がなされなければ、その中小企業が不渡りを出して倒産する直前の2時間という時間の壁のなかで、融資の実行に懸命の努力を注ぐのであった。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍