世界の記述

2014年7月29日

»著者プロフィール

 しかもバティールが優れているのは、お菓子を買うにも座ってお茶を飲んだりお喋りをしたりするドバイ人の特徴を捉え、喫茶風のバティール・カフェという店舗を新たに設けたことだ。ブランドへの誇りと商品へのこだわりから、日本式にこだわりがちな我が国企業には参考になりそうだ。

 実は今ドバイでは健康意識への高まりもあり、「小さく」「甘さ控えめ」な日本のスイーツ類への関心が急速に高まっている。既に、シガール洋菓子の「ヨックモック」やチョコレートの「ロイズ」、シュークリームの「ビアードパパ」が、ドバイやアブダビに出店し地元民の心を捉えている。

 ドバイでは毎年2月「ガルフード」と呼ばれる食品展示会が開かれ、富裕な湾岸市場への進出を目指す世界各国の食品メーカーなどが出店し売り込みに躍起となっている。国内市場の飽和気味な我が国食品関係者にとっても大きなチャンスとなるはずだ。

◆こちらの記事もおすすめ
・食ビジネス 世界で勝つために 清酒純米大吟醸「獺祭」の戦略
・目標とした市場へ 売れるコメを作る
・マキシム・ド・パリ 元ソニー人事部長の「型破り」高級パン
中小の技術屋が作った 海外展開のための“英字誌”

◆Wedge2014年7月号より









 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る