フジテレビ「素敵な選TAXI」
バカリズム脚本のユニークなタイムマシーンもの

竹野内豊演じるドライバーの不思議な魅力


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

「戻ります?」

 タクシードライバーの枝分(えだわかれ・竹野内豊)が運転席から振り返って乗客にたずねる。

 フジ系列で放映されている、関西テレビ制作の「素敵な選TAXI」(火曜日22時)の決めセリフである。

 戻るとは、過去に戻る。

 タクシーがタイムマシーンという奇抜な設定のドラマである。「選TAXI」は乗客が人生の分岐点に立ち戻って、もう一度やり直してみる。シミュレーション・ゲームのように、ドラマが進展する過程でいくつかの選択肢を選ぶ。

 現在と過去をいったり、きたりして、果たして望むべき今に戻ってこられるだろうか。Aコース、Bコース、さらにはBコースから枝分かれしたCコース……。

 料金は、10分後の世界に戻るのに\3,000である。

 ゲストに女優を迎えて1話完結。第1回「後悔しているアナタ、人生やり直すタクシーに乗りませんか?」(10月14日)からついつい見続けて、第7回「美人OLに隠された過去!玉の輿直前の選択肢」(11月25日)まで、竹野内のトボけた演技を楽しんでいる。

婚約者に隠し事!OLの選択肢

 第7回のゲストは貫地谷しほり。社内の上司や後輩から信頼が厚いOLの真理(貫地谷)は、IT企業のCEOである内藤彰(葛山信吾)と婚約している。

 内藤が真理の父母に挨拶をするというと、彼女はあいまいに拒絶する。その理由を問い詰める内藤に対して、真理は次のように話すのだった。

 「父親には暴力を振るわれ、母親は家事もしないで夜遊びばかりしていた。それが嫌で家を飛び出したまま連絡をとっていない」と。

 しかし、内藤に説得されて真理はふたりで実家に行くことになる。

次のページ >> Bコースもダメなら……
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍