「幕張」を活かしきれていなかった千葉市
法人市民税やハラールで「攻めの自治体」に

千葉市・熊谷俊人市長に聞く市政改革の足跡(2)


柳瀬 徹 (やなせ・とおる)  フリーランス編集者、ライター

1972年伊豆大島生まれ。企画・編集をした本に五十嵐泰正・他『みんなで決めた「安心」のかたち―ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年』、片岡剛士『アベノミクスのゆくえ』、久松達央『小さくて強い農業をつくる』、荻上チキ『災害支援手帖』、飯田泰之編『地域再生の失敗学』など。

「呟く市長」は何を変えようとしているのか

隣の家に蜂の巣があるので駆除したい。市は補助してくれるのか――市民から寄せられたそのようなツイートに「住民個々の課題について一つひとつ税金で補助をすることは困難であることをご理解下さい」と答えた市長がいる。首都圏に5市ある政令指定都市のひとつ、約96万人の人口を抱える千葉市の熊谷俊人市長(36)だ。
東京都心にも、成田空港、羽田空港という二つの国際空港にもアクセスしやすいという好条件に恵まれた千葉市だが、熊谷氏が当選した2009年時点での財政指標は政令市ワースト1位。そのままのペースで市債残高を積み上げていけば3年後には早期健全化団体に転落する状況だった。「蜂の巣論争」に代表される、熊谷市長がツイッターなどを活用し市民と行った議論の数々は、「誰が自治体を経営するのか」という地方自治の根本をめぐる対話でもあった。
2013年の市長選で再選された熊谷市長は、もはや「右肩上がり」も「自然増」も望めない時代の首長として、千葉市に何をもたらそうとしているのだろうか。

»最新記事一覧へ

政令市最悪の財政危機からの脱却へと道筋をつけた市長が、さらに打ち出したのは「法人市民税の100%減免」という、税収を自ら投げ打つような施策だった。前例踏襲と横並びから、真の国際都市への脱皮を目指す千葉市の挑戦とは。

第1回目はこちら

法人市民税がタダ?

――情報発信や政策提案を非常に戦略的にされている印象を強く受けます。その発想の源泉はどこにあるのでしょうか?

千葉市・熊谷俊人市長

熊谷:目指しているのは、市民の皆さんがご自身の関心事についてどういう議論が行われていて、どういう選択肢があり、今はどのフェーズにいるのかがわかるようになることです。市民の皆さん一人ひとりがユーザーからパートナーになり、千葉市の共同マネージャーになる。私の最大の目標は、すべての市民が市長になることなんです。市長と市民が同じ意識と情報を持つ地域社会、これが理想ですよね。市長として働くなかで得る情報や感覚のほとんどは、すべての市民が本来持っていていいものに思えます。なるべく提示して、通過していくプロセスを分かち合うことができれば、千葉市は素晴らしい市になるはずです。

 一人の人間の限界や市役所の限界を、まずは認識しないといけません。私の在任中だけの政策で終わるのではなく、できるかぎりシステムや土壌の改良を行って、誰が市長になってもうまくいくのが最良の改革なんです。

――驚いたのは法人市民税の実質減免です。財政再建のためのカットや徴税の徹底化を行うなかで、千葉市に本社を移転した企業は100%、通常のオフィスなどは50%実質減免という企業誘致策は、これまた反発が大きそうに思えるのですが。

熊谷:担当者には「えっ?」と言われました(笑)。

 我々は市ですから、減免できるのは法人市民税しかありません。横浜市が50%減免で先行していましたが、後発の近隣市が中途半端な減免を行っても意味がないんですね。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「「呟く市長」は何を変えようとしているのか」

著者

柳瀬 徹(やなせ・とおる)

フリーランス編集者、ライター

1972年伊豆大島生まれ。企画・編集をした本に五十嵐泰正・他『みんなで決めた「安心」のかたち―ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年』、片岡剛士『アベノミクスのゆくえ』、久松達央『小さくて強い農業をつくる』、荻上チキ『災害支援手帖』、飯田泰之編『地域再生の失敗学』など。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍