炎上?感動?ネットで話題のニュース

ユーザーに「じゃぶじゃぶ課金」させろ!? 企業の致命的なミスがネットに晒される!

田中 結 (たなか・ゆい)  プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

炎上?感動?ネットで話題のニュース

テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。知りたいあなたへお届けします。(画像: Bet_Noire)

»最新記事一覧へ

 「数日後にプレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章が見られると思うと胸熱」というコメントに共感し、筆者もこのゲームに会員登録してみたところ、同じゲーム上の画面は修正され、ガチャで獲得できる美少女のキャラクターのグラフィックが掲載されていた。

 致命的なミスかと思いきや、突き抜ければネタとして価値が生まれる。メーカーとしては不本意ながらも、このミスによってゲームは知名度を得られたのではないだろうか。

 ちなみに、2ちゃんねるにアップされた画像が悪質なコラの可能性もあるため、DMM.comに電話確認したところ、「間違いなく弊社のゲームです。申し訳ございませんでした」とすぐに認めてくれた。

なぜこんなミスが……と議論に
デザイナーが三度見してしまう商品!?

  もう一つ、致命的なミスが話題になった商品を紹介したい。マルエスが販売する「いか天大王」だ。

デザイン関係の人が見たら思わず三度見くらいしてしまうパッケージのおつまみを見つけました。 素材にも仕上げにもこだわったのになぜ解像度にこだわらなかったのだ…… https://twitter.com/oshiroi_you/status/561421885607391233

 パッケージの一番大きなキャッチコピーの文字が、ボヤけてしまって不明瞭になっている。このツイッターユーザーが言うとおり、商品パッケージやDTPなどに関わるデザイナーだったら見た瞬間に胃がきゅっとすくみそうだ。ツイッターでは「酷い。なぜベクトルじゃなく画像にしたんや」「eps埋め込み忘れ?とか、借り置き素材?とか、色々と考えちゃいます」などと、ミスの原因を検証するユーザーもいた。本当になぜこのミスが気づかれず、店頭に並んでしまったのか不思議でならない。現代においてここまで粗が目立つパッケージは逆に珍しく、「むしろ目を引くという意味でつくったんですかね 笑 私今度買うかもしれません」という声も上がった。

 ミスは致命的であればあるほど、ネット上では話題になりやすい。企業としてミスは痛手だが、ポジティブにとらえれば知名度が上がるという好結果になったのではないだろうか。DMMもマルエスも、再度ミスが起きないための原因究明は必要だが、ミスを犯した担当者のことをあまり責めないでほしいと思った。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

previous page
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「炎上?感動?ネットで話題のニュース」

著者

田中 結(たなか・ゆい)

プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍