ユーザーに「じゃぶじゃぶ課金」させろ!?
企業の致命的なミスがネットに晒される!


田中 結 (たなか・ゆい)  プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

炎上?感動?ネットで話題のニュース

テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。知りたいあなたへお届けします。(画像: Bet_Noire)

»最新記事一覧へ

テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。知りたい人へお届けします。

「じゃぶじゃぶ課金」!?
メーカーの欲深い本音がダダ漏れ

 とあるブラウザゲームの「遊び方説明」がネット上で話題になった。

 ブラウザゲームとはPCのブラウザ上でプレイするゲームのこと。PCさえ持っていればゲーム機もソフトも購入する必要がなく、会員登録さえすればタダでプレイできる。ただし、基本無料だが、一部アイテムやキャラクターが有料の場合が多い。有名な例を出すと、ランダムでレアアイテムが獲得できるとうたい抽選権を得るために課金させる「コンプガチャ(コンプリートガチャ)」などだ。

 このように無料ゲームを配信しているメーカーが稼ぐためにはいかにユーザーに課金させるかが勝負となることも。とはいえこれはメーカー側の表に出したくない「本音」の部分だ。

 しかし、1月27日にリリースされたDMM.comの「FLOWER KNIGHT GIRL」の遊び方説明の欄に、「プレイヤーがじゃぶじゃぶ課金したくなるような射幸心を煽りまくる説明文章」というテキストが掲載されていた。リリース当日にプレイしたユーザーが気づき、すぐさま2ちゃんねるでプレイ中のキャプチャ画面を晒した(http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1422368292/ ※現在元画像は削除されている)。

 おそらくこの文章はゲーム制作者に向けた「サンプルテキスト」で、何らかのミスで公開されてしまったものと推測される。それにしてもここまで本音丸出しのサンプルテキストは珍しい。日々大量のタイトルをリリースしているメーカーだと、制作の現場でも同時進行が多発しているのだろう。うっかりミスが発生してもおかしくはないが、このミスは致命的といえる。

 しかし実際の反応では「すげえ…欲望丸出しだあ…」「最高だよなこれ 今年始まって以来の爆笑だわ」「このまま直さないで欲しい 伝説になる」などと、本音の清々しさからかネタとしていじるユーザーが続出。中には、「これは課金するわ」「急いで貯金おろしてこなきゃ」とネタに乗っかるユーザーも出てくるほど。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「炎上?感動?ネットで話題のニュース」

著者

田中 結(たなか・ゆい)

プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍