プロローグ・結婚相手はどこにいる?(後編)


にらさわあきこ (にらさわ・あきこ)  文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

毎年上がり続ける未婚率。2010年の国勢調査では、30代後半男性の35.6%、女性の23.1%が未婚で、50歳の時点で結婚していない人の割合を示す“生涯未婚率”は、男性が20.1%、女性が10.6%だった。このまま未婚者たちが増え続ければ、今後、私たちは「人口の半分近くが未婚」という未知の時代を迎えてしまうかもしれない。

このシリーズでは、未婚者たちにインタビューをすることで、未婚者が増えた背景を探ると共に、結婚したい未婚者たちが今後結婚をするためには、「誰がどんなことを行えばいいのか」、また、「結婚に縛られない“絆”にはどのようなものがありうるのか」などのヒントを探ってゆく。

 

»最新記事一覧へ

未婚女性の気持ちを探るため、今月初めに行われた『ミライカレッジ キックオフ』イベントに参加した。

 ミライカレッジとは、結婚相談所大手のツヴァイと電通と地方移住を応援する雑誌『TURNS(ターンズ)』が共同で取り組むプロジェクトで、地方の活性化と婚活支援を組み合わせて、全国を元気にしてゆこうというものだ。

 平日の夜の7時から行われたイベントには、30人の独身女性が集まっていた。

 

「AKITA婚」では3組が結婚!

 イベントでは続いて、『ミライカレッジ』プロジェクトがこのあと予定するツアーの行き先や、それぞれの土地の特徴などが、映像を交えながら紹介された。

 これらのツアーは、ツヴァイが過去に行ったイベントを踏襲したものである。ツヴァイでは、2008年から首都圏の女性と地方に住む男性を結び付けるイベントを行っているのだが、現在のスタイルにしたのは、去年2014年からである。

AKITA婚2014(HPより)

 「2年前の2013年に、震災の復興支援をする意味もあって、石巻で婚活ツアーを開催したんです。そのときに、参加女性たちが、『結婚後は、どういう暮らしを送れるの?』『漁師に嫁いだら手伝わなきゃいけないの?』と結婚後の暮らしについて不安を抱えていることに気がついたんです。

 ツアーでは、結局、10人の参加女性たちのうち、8人がカップルになったのですが、結婚に至った人はゼロ。これではいけないと考え直して、翌2014年からツアーのスタイルを変えることにしたんです」(ツヴァイ・ライフデザイン事業部 高田康太さん)

 単に、男女に交流してもらうだけのイベントでは不十分だ。

 女性には、その町でどんな暮らしをしていくかをイメージして考えてもらう。男性にも、自分の町のことを知ってもらう。そして、男女一緒にワークショップをしてもらいながら、交流を深めていってもらう。

 『ライフデザイン』の要素を組み込むことで、結婚に至るカップルが現れた。

 「従来型の婚活は、いかに条件に合う相手を見つけるかということに傾き過ぎている気がするんです。でも、婚活ではむしろ、『ライフデザイン』、つまり『自分らしい人生とはなにか?』『自分らしい結婚とはなにか?』を考えることが重要だと思います」(同)

 そのためには、移住先の行政の姿勢も大切だと考えて、市町村にも働きかけた。

 そして去年11月に行った『AKITA婚』では、地元のNPOを主催に、秋田の2市と協力参加。1泊2日で行ったツアーに40人の独身女性を動員して、21組のカップルを誕生させた。

 開催から半年あまりが経過する現在までに、3組が結婚に至り、さらに複数のカップルが結婚を視野に入れて、交際を継続中である。

次のページ >> 受け入れてもらいたい
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」」

著者

にらさわあきこ(にらさわ・あきこ)

文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍