中国版ネットフリックスLetv
スマホからEVまで


土方細秩子 (ひじかた・さちこ)  ジャーナリスト

ボストン大学コミュニケーション学部修士課程終了、パリ、ロサンゼルスでテレビ番組製作に携わり、1993年より米国でフリーランスのジャーナリスト活動を行う。

WEDGE REPORT

時間軸の長い視点で深く掘り下げて、世界の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」ではなく、個別現象の根底にある流れとは何か、問題の根本はどこにあるのかを読み解きます。

»最新記事一覧へ

今回のCESでこれまで米国での知名度は低かったが、今後かなりの注目を集めそうな企業として浮上したのが、中国の「Letv」ではないだろうか。まず、カリフォルニアに2014年設立された新規EV企業、ファラディ・フューチャーとの関係が取りざたされた。Letvはファラディが子会社であることは認めていないが、かなりの出資を行ったことは明白で、ファラディ社の重役にもLetv関係者が名を連ねている。

Letvのコンセプトカー

 Letvは「中国のネットフリックス」と呼ばれ、アップルTVに対抗するデバイスを製作していることでも有名だ。しかしそれだけではない。コンテンツビジネスから現在はPC、携帯など様々なデバイスを販売、中国では上海汽船との提携でEV開発に乗り出し、ついには自社で未来的なコンセプトEVまで製作中だ。このコンセプトカー「Le Supercar」はすでにスケッチが公開されており、今年4月の北京オートショーに登場する予定だ。

 しかも、米クアルコム社と携帯ビジネスで提携、クアルコムが開発したチップセット、「スナップドラゴン820」を搭載する世界初の携帯電話「Le Max Pro」をCESでデビューさせた。これはクアルコムの記者会見で発表され、「米国に上陸か」と注目されている。

 さらに、車搭載型コミュニケーションシステムでは、自社製EVがまだ完成していないこともあり、アストンマーチンと提携してモニター、ソフトウェアコンテンツなどを提供している。米ではアップル社が「アップルカー」を開発中、との噂があるが、Letvはコンテンツビジネスからハードウェア、さらに米EVへの投資、自社のEV生産へ、とアップルの一歩先を行く企業なのだ。

 Letvのネットショッピングサイトである「Le Mall」のディレクターで、コンテンツビジネスのエキスパートでもあるヘンリー・シャオ氏に話を聞くことができた。同氏は米国で教育を受け、Letvのカリフォルニア支社に勤務していたが、自ら進んで中国に帰国し、現在は北京の本社に勤務している。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「WEDGE REPORT」

著者

土方細秩子(ひじかた・さちこ)

ジャーナリスト

ボストン大学コミュニケーション学部修士課程終了、パリ、ロサンゼルスでテレビ番組製作に携わり、1993年より米国でフリーランスのジャーナリスト活動を行う。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍