未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2016年2月18日

»著者プロフィール
閉じる

にらさわあきこ (にらさわ・あきこ)

文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

 35歳の時点で未婚である女性が、その後結婚する確率は2%以下と言われることがある。

iStock

 これは2000年と2010年の国勢調査の結果から類推された数字で、2000年時点の35~39歳の女性の未婚率が13.9%で、2010年の45~49歳の女性未婚率が12.6%。ゆえに、10年間で結婚したのは1.3%。さらに、40歳以上では、2000年の40~44歳女性の未婚率8.6%が、10年後の2010年の50~54歳の未婚率8.7%とほぼ変わらず……というところから算出されたものである。

 

国勢調査の結果では……

 

 これらの数字は、国勢調査の結果から導き出されたものなので、2016年に新しい調査の結果が発表されると、またべつの事実が浮き彫りになってくるのかもしれない。

 とはいえ、過去のデータは“過去の結果”でしかないのだから、未来を変えていきたいと思うなら、今から動き出せばいい。実際、2015年現在では、女性たちの“婚活意識”は、2010年と比べると高まっているし、このシリーズでも紹介したように、50歳を向かえた男女の結婚に対する意識も以前とは違っている(注・国勢調査では、50歳時点で未婚の人たちの割合を“生涯未婚率”として、生涯独身でいる人たちがどのくらいいるかを示す指標としている)。

 では、現実に50歳を過ぎて初めて結婚する人たちはどのような経験を経て、結婚に至ったのだろうか。

 2010年の国勢調査後に、49歳で婚活を始め、51歳で結婚をした近藤幸恵さん(仮名)に話を聞かせていただいた。

 

50歳で結婚した女性

 

 幸恵さんは、取材先のひとつである結婚相談所の仲人をする女性から紹介された。

 「アラフィフの婚活だったけど、例外的に年下の男性からも求められるようなとても素敵な女性なのよ」と見せてもらった写真には、柔らかい笑みを浮かべた優しそうな女性と、彼女にちょっと似たやはり優しそうな男性が仲睦まじそうに写っていた。

 「結婚30周年の写真だ」と聞かされたとしても、「そうですか」とうなづけるような、しっくりと合う2人。

 カメラに向かって笑みを浮かべるこの女性は、いったいどんな思いで婚活をして、どうして結婚を決めたのだろうか。

 年が明けた1月半ば、私は彼女に会いに行ってきた。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る