海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年3月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 中西部ミシガン州民主党予備選挙における世論調査では、ヒラリー・クリントン候補の支持率がバーニー・サンダース上院議員(無所属・バーモント 州)のそれを一時25ポイントも上回っていましたが、結果は僅差で同上院議員の勝利に終わりました。クリントン陣営は、アフリカ系の低所得者層が住んでいる同州フリントに選対を置き、鉛で汚染された水道水を使用していた同系にペットボトル飲料水を配り、支持を獲得していきました。しかも、クリントン候補は サンダース上院議員よりも早くフリントに入り、アフリカ系の有権者にたとえ時間がかかっても水道水汚染の問題を解決することを誓ったのです。

低所得者層の地域に住むアフリカ系のクリントン支持者(@ミシガン州デトロイト)

  筆者が活動をしていたミシガン州デトロイトにあるクリントン選対は、楽観的で投票日当日も勝利を確信していました。それだけに、サンダース上院議員の逆転勝利は驚きであったと共に、クリントン候補が最終的に指名獲得をしたとしても、本選で同州を共和党候補に奪還されるのではないかという不安を残しました。

 本稿では、ミシガン州でクリントン陣営がどのようにして地上戦を戦ったのかを中心に述べていきます。

労働組合と共同作戦

  ミシガン州クリントン選対本部は、デトロイトにある米国労働総同盟・産業別組合会議(AFL-CIO)の建物の中にあり、クリントン陣営は組合員と共同して選挙運動を行っていました。同陣営は地上戦における若者の不参加を補うために、米国国際サービス従業員労働組合(SEIU)、米国教員連盟(AFT)、 米国州郡市町村職員連盟(AFSCME)の組合員を動員して、組合に所属する有権者を対象に戸別訪問を実施していたのです。ミシガン州に滞在中、筆者は米国教員連盟の組合員とペアを組んで、デトロイト東部及び西部地区並びにディアボーンに住む低中所得者層の組合員の家を訪問しました。

クリントン陣営の戸別訪問に参加する労働組合員(筆者撮影@ミシガン州デトロイト選対本部)

  クリントン家は、家族総動員で戦っていました。投票日の3日前、ビル・クリントン元大統領が米国労働総同盟・産業別組合会議を訪問し講堂で演説を行い、組合員の士気を高めたのです。演説の中で、クリントン元大統領は、妻のクリントン候補の政策をアピールしたうえで、トランプ候補を念頭に入れて、「イスラム教徒を悪霊のように扱うのは大間違いだ」と述べ、参加者から拍手喝采を浴びました。投票日の2日前は、娘のチェルシーさんが選対本部を訪問しています。 チェルシーさんは、クリントン候補の「組合が強ければ、米国は強い」というスローガンを印刷した看板を持った米国州郡市町村職員連盟の組合員から歓迎を受けました。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る