メディアから読むロシア

2016年4月22日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小泉悠 (こいずみ・ゆう)

財団法人未来工学研究所客員研究員

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に軍事大国ロシア』(作品社)、『プーチンの国家戦略』(東京道堂出版)『ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

 ロシアの有力紙『コメルサント』系のビジネス誌『ジェーンギ』が、「航空商業軍」という奇妙なタイトルの記事を掲載した。ロシア空軍の正式名称である航空宇宙軍の「宇宙(コスミーチェスキエ)」の部分を「商業(コメルチェースキエ)」ともじったものだが、これにはもちろん理由がある。

「航空商業軍」の「戦果」

 前回の小欄では、シリア作戦が新兵器の実験になっていることを公言するプーチン大統領の演説を紹介したが、今回の記事によると、シリア作戦は諸外国に対する武器売り込みとしても格好の機会であったらしい。シリア作戦にかかった戦費以上の利益が武器輸出で挙がる見込みであるという。以下、「航空商業軍」の「戦果」のほどを『ジェーンギ』記事から紹介してみよう。

iStock

 (翻訳)

 イワン・サフローノフ「航空商業軍:シリア後のロシア製兵器にはどんな需要が生まれるか」『ジェーンギ』2016年3月28日。

 ロシアはシリアでの航空軍事作戦で330億ルーブルを支出したが、そこから得られる利益はさらに大きなものである。中東におけるロシア製兵器の実戦使用は、顧客へのいい宣伝になった。『ジェーンギ』の評価によると、その潜在的な輸出契約額は来る数年間で60-70億ドルにも達しうる。

 (中略)

 外国との軍事技術協力(訳注:武器輸出を示すロシアの用語)に関わる「ジェーンギ」の情報源によると、潜在的な顧客たちは「実証済みの武器」、すなわちロシア軍に採用されたり他の国がすでに購入した武器に注目しているという。「シリアは一石二鳥だった」と同人は言う。「一方では、我々は装備品の戦闘能力をデモンストレーションして顧客の注目を集めた。他方、現存の航空兵器の半分以上を戦闘環境下で試してみることができたのだ」。

 (中略)

 半年間で軍に支出されたのは330億ルーブルである。この資金は国防省の予算に演習及び戦闘訓練の費用として計上されていたものだが、実際の戦争のために付け替えられた。「ジェーンギ」の情報によると、この額には全ての兵站及び物資・装備関連支出が含まれている。航空攻撃手段の調達と航空機材の工場修理のためにさらに100億ルーブルがかかっている可能性もある。

 (中略)

 しかし、これらの支出は期待しうる配当を考えれば高すぎるということはない。「ジェーンギ」に対して幾人かの軍情報筋が述べたところによると、シリア作戦の開始後、連邦軍事技術協力庁(FSVTS)にはロシアの国防産業の製品に関心を持った国々から少なからぬ引き合いが来ているという。その多くは航空装備の調達を望んでいる。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る