したたか者の流儀

2016年5月31日

»著者プロフィール
閉じる

パスカル・ヤン (Pascal Yan)

著述家

著述家。ルーヴァン・カトリック大学大学院中退(ベルギー)。証券マンとして25年間、欧州を中心に海外で過ごす。現在の職業は都内大学教授。

 

 サッカーの国際試合で、ときどきオウンゴールによって大事な試合結果が左右されることがある。南米では、引責殺人まで起きたことがあるようだ。サッカー以外でも、よかれと思ったことが、自虐点になることが時々ある。オバマ大統領の広島訪問を契機に原爆問題がまた話題に上ることが多くなったが、この広島・長崎の原爆に関して、日本は重大な自虐点をとられてしまっているのだ。

 そして、それをカバーするかのような、奇跡的なことをなし遂げた逸話もあるのだ。それらは、映画ジョーズのモデルとなった実話が、縦糸となってつながっている。資料の少ない話なので、間違ったらゆるしてほしい。昭和十年代の話だ。北海道の女満別空港に行ったことがあるだろうか。飛行機がまだ少なかったころ建設されている。当然、滑走路建設のノウハウはできていなかった。この技術をため込んだのは、至近の網走刑務所の受刑者とさていている。

iStock

戦艦レパルスとプリンスオブウェールズの撃沈

 その後太平洋戦争に突入。その結果は知っての通りだ。軍事作戦でも、艦船の時代から航空機の時代に移行していた。きっかけは我が国が作ったとされる。すなわち、真珠湾攻撃の成功と、我が航空機による英国の戦艦レパルスとプリンスオブウェールズの撃沈だ。

 そのときまで、戦艦は戦艦との戦いで勝敗を決するという常識があったが、覆ってしまった。その事実を一番学ばなかったのが、当事者の日本かもしれない。とはいえ、それを受けて、太平洋の中心に極東最大級の飛行場を建設したのがテニアン島。サイパン島から8キロの至近と、両島は事実上ペアとなっている。そんな島、知らないと言わないでほしい。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る