世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2017年5月30日

»著者プロフィール

 ベン・アミ元イスラエル外相が、5月2日付のProject Syndicateで、トランプの積極的なリビア関与が必要だ、と述べています。主要点は次の通りです。

(iStock)

 カダフィの崩壊から6年、リビアは紛争と政治的混迷から抜け出せていない。

 トリポリには国際的承認を受けた国家合意政府(GNA)がある。これは国連の下で署名された2015年リビア政治合意により設立された。しかしこの政府はトブルクの代表議会から昨年8月に不信任案を突き付けられただけでなく、トリポリにあるもう一つの団体、一般議会(GNC)からも挑戦を受けている。

 2015年合意は統一政府を任命する首脳評議会と一般議会の元議員で構成される諮問評議会を設置した。これは民主的な政府への移行と領土保全を確保しようとしたものだった。しかし、それは全く旨く行っていない。合意はリビアの歴史上、文化上の経緯を全く無視したものだったからだ。植民地時代やその後の時代を見ると、リビアが中央集権的な政府機構に抵抗してきたことが分かる。共有される国家アイデンティティはない。リビアの国家統一は、キレナイカ、トリポリタニア、フェザーンという三つの地域に大幅な自治権を与えることにより中央政府との均衡を保つこととした1951年憲法によってやっと達成された。

 1951年憲法の君主制はイドリース・サヌーシー国王が主導した。国王は首相や閣僚を任命した。議会上院は三つの地域から選出された夫々8名の代表者で構成された。首都はトリポリとベンガジの間で交互に交代した。しかし2015年合意は分権の重要性を認めていない。それ故それは失敗せざるを得ない。

 それではどうしたらよいのか。一般選挙を行う条件はない。しかしアフガニスタンのロヤ・ジルガに倣って、部族指導者や有力者の大会議を開催し暫定国家元首を選任することはできる。リビアに君主制を再導入する理屈はある。モロッコやサウジアラビア等では世襲的な為政者が正当性を持つ政府を具現するとともに宗教的な権限を持っている。アラブではこれが唯一の政治的正当性の原則かもしれない。

 リビアにとってサヌーシー家の権威が同国の平和と再建への鍵となるだろう。サヌーシー家の王子達は欧州に亡命している。勿論君主制度によりすべての問題が解決するわけではない。エジプトやロシアは代表議会に仕えるハフタル(将軍)を支援している。ロシアはエジプト・リビア国境地帯に軍隊を展開している。プーチンはリビアの石油資源も狙っている。影響力を強めているハフタルは自分の軍隊や代表議会の権威を削ぐような合意には反対するだろう。

 これを止める最善の方法は米国を巻き込むことだ。しかし最近イタリア首相が米国は欧州と共にリビアについて積極的な役割を果たすべきだと述べたのに対して、トランプは反対した。過激派が欧州へ向かうことを阻止し、リビアがロシアのもう一つの冒険の場になることを阻止したいと考えるのであれば、トランプは考えを変えて、リビアに関与すべきだ。世界の中にはトランプの劇的な外交転換政策が積極的な結果をもたらすところがいくつかあるが、リビアはそのひとつである。

出 典:Shlomo Ben-Ami ‘The Trump Reversal the World Needs’ (Project Syndicate, May 2, 2017)
https://www.project-syndicate.org/commentary/libya-us-involvement-constitution-by-shlomo-ben-ami-2017-05

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る