70点の育児入門

2017年6月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

本多カツヒロ (ほんだ・かつひろ)

ライター

1977年横浜生まれ。2009年よりフリーランスライターとして活動。政治、経済から社会問題まで幅広くカバーし、主に研究者や学者などのインタビュー記事を執筆。現在、日刊サイゾーなどに執筆中。ブログ:http://golazo-sala.cocolog-nifty.com/pinga/

iStock

質問:赤ちゃんの耳掃除が怖くてうまくできません。お風呂上りに綿棒でとってみようと思うのですが、動いてしまって耳垢がとれません。耳垢がたまっていないか心配です。

答え:耳垢は耳鼻科で取ってください。

答える人 藤巻豊先生(藤巻耳鼻咽喉科医院)

 赤ちゃんの耳の穴は大変小さいため、そもそも保護者が綿棒を入れようとしても入らないでしょう。仮に無理に綿棒を入れても、垢を耳の奥に押し込むだけです。特に注意したいのは耳垢が柔らかいタイプです。耳垢が柔らかいと、一部だけは取れても、それ以外を奥に押し込んでしまいます。そうすると、聞こえづらくなる場合があります。

 ですから、幼い子どもの場合は耳鼻科を受診し、耳垢を取ってほしいですね。

 一般的に大人でも赤ちゃんでも2~3カ月に1度、耳垢があまりたまらないならば半年に1度、耳鼻科で耳垢を取れば十分です。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る