こうして雑誌はつくられる

出版不況と言われて久しい。雑誌は、新聞のようなストレートニュースを流すだけでは許されず、ウェブのようにスピード感を追い求めるにも限界がある。それでも世の中には毎週、毎月たくさんの雑誌が発行され、それぞれが独自の視点、切り口で世の中に問題を提起し続けている。そうした雑誌の、記事の企画意図や制作者の想い、取材の苦労話などにスポットを当てることで、改めてその存在意義を考え直し、雑誌というものの面白さを伝えていきたい。