ゲノム編集食品が変える食の未来

松永 和紀
電子版あり
ゲノム編集食品が変える食の未来
電子版あり
ゲノム編集食品が変える食の未来
松永 和紀

2050年、100億人の食を支え期待される「ゲノム編集食品」。だが、誤解による感情的な反発も多い。技術革新の科学的な真実から食の未来を考える。

定価:1,650円(税込み)
新書判並製 240ページ
発売日:2020年11月18日
ISBN:978-4-86310-231-6
試し読み
リンクをコピーしました

【重版2刷】

◎ノーベル化学賞で注目!ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」
人口増、温暖化、食品ロス…
パンデミックが拍車をかけた「食×SDGs」の実践!
高GABAトマト、肉厚マダイ、収穫量の多い米、茶色くならないレタス…
新品種の開発が次々と進む日本が食の問題解決に貢献。
2050年、世界100億人の「食」を救う最先端技術の全貌と食の未来。

 

人口の増加、気候変動などに対応するため、品種改良が重要となり、第2の緑の革命が世界中で待望されている。飛躍をもたらす重要なキーテクノロジーは遺伝子組換えとゲノム編集。ところが、市民・消費者の抵抗感は非常に強く「遺伝子をいじる」と言われることで感覚的な拒絶反応が生まれている。さらに、両者の技術的な説明が難解なために、間違った報道やネット情報が氾濫。国会議員までもがトンデモ理論を流しているという現状だ。その結果、市民・消費者は不安を煽られ、踊らされている。
そこで、現在の世界的な食料事情、品種改良への期待、遺伝子組換えやゲノム編集の技術、日本や海外の開発競争、知財権争い等、食品分野における遺伝子技術を巡る最新動向を解説。消費者が両者を忌避する心理等も浮き彫りにし、未来の食の行方、日本が果たすべき役割を考える。

著者プロフィール
松永 和紀

1963年生まれ。89年、京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社に記者として10年間勤めたのち、フリーの科学ジャーナリストに。主な著書は『食の安全と環境 「気分のエコ」にはだまされない』(日本評論社)、『効かない健康食品 危ない天然・自然』(光文社新書)など。『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』(同)で科学ジャーナリスト賞受賞。「第三者委員会報告書格付け委員会」にも加わり、企業の第三者報告書にも目を光らせている。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 理工 ゲノム編集食品が変える食の未来

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
ehon
Booklive