東京家族風景

2017年11月14日

»著者プロフィール

田永:ところで、家族の反応はどのようなものでしょうか?

真一郎:子供は喜んでいます。週末の練習を見にきたり、レース(注 Reebok Spartan Race)に応援にきたり。練習に来た際には、ストップウォッチの時間を読み上げる係をやってくれます。妻は、半々ですね(笑)。トレーニングが楽しすぎて帰宅が朝食の時間にずれ込んだり、朝追い込みすぎて日中ガス欠を起こしてしまったりすると不機嫌になります。まぁ当然ですね。家族が必要な時に機能しなければ、ダディもなにもないですから。それでも、DPTがきっかけでママ同士の繋がりが生まれたり、レースの打ち上げを家族連れでやったり、基本的にはDPTでの活動を一緒に楽しんで応援してくれています。

 

田永:やはり家族の理解が得られないと早朝とは言え、毎土日を自由に行動するのは難しいですもんね。私は、あのトレーニングをやって昼間にビールを飲んだら、寝てしまいました(苦笑)。家族連れで応援や打ち上げをやっていたりと、ご家族の絡み方もDPTはすごく楽しそうです。

 最後に目指しているダディ像を教えてください。

 

真一郎:家族一人一人の幸せをサポートできるダディになりたいです。Daddy for Familyとでもいいますか、結果的に家族が幸せだなぁと感じられる瞬間や場をたくさん作れるようになりたいと思っています。「守る」とか「支える」といった能動的な態度よりも、家族それぞれの想いを柔らかく受け止めきる度量のようなものを身に着けたいです。これがとても難しい。まずは自分を律し、自分の心身をコントロールできるようになる必要があると思うので、DPTを通じて自分の弱さと向き合いながら少しずつ強さを身につけていきたいと思っています。

 そのために、僕は自分が担う役割を必ず5つ以内にして、一日24時間を可能な限りその5ついずれかに費やせるように日々取り組んでいます。こなすだけならもっと役割を担えるのかもしれませんが、向上して秀でていこうとするならば5つ以上は無理だと思っているからです。その5つとは、よき夫であること・よき父であること・優れた人事のプロであること・心身のフィットネスを保っていること・地域に貢献していること、です。やりたいこと、好きなこと、興味があることはまだまだありますが、今の自分にはこれで精一杯です。少なくともこれらを自分と家族の納得するレベルで実現できるダディでありたいと思っています。

大輔:先ほども触れましたが、次はビジネスの場でしっかり成果を出していくことが30代の男として、そして父親としてあるべき姿で、見せたい姿だと。人生は優先順位が大切だと思っていて、30代は目まぐるしく、プライベートと仕事と個人の自己実現が交互にやってくるので、そこに負けない胆力、人間力、仲間を持っているダディでありたいです。

田永:大輔さん、真一郎さん、今日は貴重なお話ありがとうございました。

◆◆◆◆◆

 最強筋トレパパは筋トレにおいても、パパにおいても、自分の現状となりたい姿を見つめ、努力を惜しまない人たちでした。そして、DPTというチーム、コミュニティ、そして応援してくれる家族が継続する大きな力になっていました。これらの極意に辿り着くままでの、それぞれの男の経験と生き様を胸に、今週も、気持ちイイ!!! と叫びながら、トレーニングに励む、DPTメンバーに敬意を表します。

付録【最強ダディーのトレーニング完全レシピ】

■Core
Fire Breath
Bird&Dog
Bird&Dog Knee touch

<350m>

Mountain Climber
Twist

<450m>

Hurdle Kick
T-motion

<800m>
Sphinx
Plank 3min
Side Plank R/L 1.5min

■Circuit
BR→PBB→Push up→Run/Core→Kick
5プログラム×10ラウンド=50プログラム

1)Slam→Front SQ→Push up →Run→R-MID
2)Slash Slam→Glico SQ→Archers Push up→Core →L-MID
3)Big Wave→Glico Lunge→Alligator→Run→R/L-MID
4)MUSOH→Glico Hurdle→Alli2→Core→R-Knee
5)Wave→Back SQ→Bear pushup→Run→L-Knee
6)Slash Wave→Side Burst→Clap→Core→R/L-Knee
7)Fast Twist→PushPress→Carry→Run→R-Low-L-MID
8)Rocky4→Cheer→Carry→Core→L-Low-R-MID
9)Jack→Skater Step→Run→1-2-MID

■Add on
1)1leg Tractor Team Relay 300m(手押し車)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る