WEDGE REPORT

2017年11月15日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『銀盤の軌跡』(新潮社)などの著書もある。

 世界中にショールームをおく大手競売会社クリスティーズ。18世紀にロンドンで設立されたこのクリスティーズのニューヨーク支社は、マンハッタンの一等地に美しいギャラリーを持っている。美術館クラスの絵画や彫刻、宝石類などがオークションの日まで一般人に公開されているのだ。

 普段は気軽に入ることのできるこのクリスティーズだが、先日ばかりは様子が違った。特別展示用の列が、歩道まで並んでいるのだ。

 11月15日に競売にかけられる、レオナルド・ダ・ビンチの油彩画「サルバトール・ムンディ」(救世主)が公開中なのである。

11月15日に競売にかけられる、レオナルド・ダ・ビンチの油彩画「サルバトール・ムンディ」(救世主)

ダ・ビンチが本当に競売されるのか?

 ダ・ビンチといえば、イタリアンルネッサンスの巨人。発明家としても才能を発揮する一方で、恐らく世界でもっとも有名な絵画、ルーブル美術館が所有する「モナリザ」の作者でもある。

 ゴッホやモネ、ピカソなど、有名な巨匠たちの作品が競売で記録的な高値で落札された、というニュースを私たちは日常的に目にしている。

 だがレオナルド・ダ・ビンチの、それも油彩画が競売にかけられるなど、最初はとても信じられなかった。何しろ彼の手によるものとされている絵画は、世界中でも20点以下しか残っていない。メトロポリタン美術館ですら、デッサンは何点か展示しているが絵画は所有していない。

 「モナリザ」だってルーブル美術館では別格扱いで、厳重に警備されている。

 日本で言うなら文句なしに国宝クラスの文化財が、誰の手に渡るかもわからない一般の競売にかけられて良いものなのか。

 筆者も好奇心にかられて、まずは実物を見に行った。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る