公立中学が挑む教育改革

2017年11月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

多田慎介 (ただ・しんすけ)

ライター

1983年、石川県金沢市生まれ。大学中退後に求人広告代理店へアルバイト入社し、転職サイトなどを扱う法人営業職や営業マネジャー職を経験。編集プロダクション勤務を経て、2015年よりフリーランスとして活動。個人の働き方やキャリア形成、企業の採用コンテンツ、マーケティング手法などをテーマに取材・執筆を重ねている。

スケジュール管理のためにビジネス手帳を使いこなし、方眼ノートで学びを要約する。「対立があるのは当たり前」と教えられ、ブレストの手法で異なる意見を出し合う――。麹町中学校の生徒たちは日々社会のリアルを学び、その中で生きていくためのスキルを身につけている。背景にあるのは、校長・工藤勇一氏が掲げる「理念」だ。
(⇒
「第1回」から読む

千代田区立麹町中学校校長・工藤勇一氏

中学1年生で身につける「5つのフレーム」

 中学校とは一体、何なのか。

 筆者が麹町中学校を訪れ、工藤氏や周辺関係者への取材を重ねるたびに膨れ上がっていく疑問だ。なぜそんな疑問を抱くのか。一つは、工藤氏が進める先進的な取り組みの数々に圧倒されるからだろう。そしてもう一つは、自らがかつて中学生として過ごした時期には学び得なかったことを、ここに通う生徒たちが実際に身につけようとしていることを知るからだと思う。

 実例を紹介しよう。麹町中学校の1年生は、入学してすぐに「手帳・ノートガイダンス」を受ける。工藤校長はその目的を「再現性のあるスキルを身につけること」だと話す。

「効率よく学び、考えるために大切なのがフレームワーク。これを手帳とノートを使って実践します。ガイダンスではA4の方眼ノートで基本フレームの使い方を教えています」

 方眼ノートは、1つの授業につき見開き1ページを使う。工藤氏の言う基本フレームとは「授業のねらい・結論」「板書」「気づき・疑問」「まとめ・行動目標」、そして「要約」の5つを指す。

麴中ノートの基本フレーム

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る