野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2017年12月13日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

目標を大きく持てば視野が広がる

 これまで、GIANTは公共サイクルシェアシステム「YouBike」やサイクリング交流、台湾一周「環島」の普及など、一つの企業からすれば、どのような利益を出せるか短期的にはわからない分野に取り組んできた。

 しかし、これらをすべてひっくるめた「自転車新文化」の推進が、台湾の、ひいては世界の自転車ユーザーへのプラスとなることで、自転車ユーザーの数も増やし、長い目でみればGIANTという企業も発展につながっていく、という考えに基づいており、これを劉氏は「使命感と情熱」だと語る。

 「使命感がなければ、何をするにしても、目標が小さくなります。目標を大きく持てば視野が広がります。多くの人たちに幸福になってもらうことが企業の幸福にもつながる、そんな考えで、自転車新文化を推進してきました」

 

 伝説的な経営者人生を送った劉氏も高齢となり、長年パートナーとして会社を育ててきた羅祥安CEOとともに昨年末で会社を退き、後進に道を譲った。劉氏は現在、シェアサイクルを台湾各地などで展開する「YouBike」の運営に関わっており、日本に対して「自転車新文化」を輸出する役割は、まだ現役でロードバイクに乗っている羅氏が引き継ぎ、「自転車新文化」の受け入れに熱心な愛媛県や滋賀県などと協力しながらルートの整備などを進めている。劉氏の残したDNAはこれからも台湾から日本、世界へと伝わっていくにちがいない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る