栖来ひかりが綴る「日本人に伝えたい台湾のリアル」

2019年3月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

栖来ひかり (すみき・ひかり)

台湾在住ライター

京都市立芸術大学美術学部卒。2006年より台湾在住。日本の各媒体に台湾事情を寄稿している。著書に『在台灣尋找Y字路/台湾、Y字路さがし』(2017年、玉山社)、『山口,西京都的古城之美』(2018年、幸福文化)、『台湾と山口をつなぐ旅』(2018年、西日本出版社)がある。 個人ブログ:『台北歳時記~taipei story』

 台湾に行ったらなに食べたい? と日本人に聞けば、「小籠包」と「マンゴーかき氷」がおそらく上位に入るのではないだろうか。日本人観光客が多く訪れる永康街(ヨンカンジエ)にいけば、ミシュランの星を獲得し今や小籠包の代名詞ともいえる鼎泰豊(ディンタイフォン)本店や、シーズン時のマンゴーかき氷のお店に、長蛇の行列が出来ている。

 しかし、厳密にいえば「小籠包」は台湾料理ではないかもしれない・・・と言えば、驚く日本人は多いのではなかろうか? 台湾を代表するレストランの看板料理が「台湾料理」ではないとは。では小籠包とは、どこの料理なのか?

小籠包(写真:筆者提供)

中国料理の「8つの系統」

 近年になって中国料理の世界では「八大菜系」という区分ができ、地方や料理法・食材などによって中華料理をおおまかに八つの系統に分けている。この8つに何料理が入るかは諸説あるものの、一般的には日本でもよく知られる広東料理や四川料理もそのひとつで、ほかに山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、湖南料理が挙げられる。

 小籠包の名店「鼎泰豊」はこのなかで、上海や蘇州・杭州を中心とした「浙江料理」のお店であり、小籠包も浙江料理に含まれるというのが一般的かもしれない。それでは何故、小籠包が台湾を代表する食べ物になったのか、それは台湾の歴史と深い関係がある。

福州スタイルの魚団子スープ(写真:筆者提供)

関連記事

新着記事

»もっと見る