コメディアンヌ・ミムラ誕生

NHKよる☆ドラ「恋するハエ女」


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

小学校の教師である小守絵美(ミムラ)は6年間つきあった、同僚の男性教師と婚約して結婚間近であった。学芸会の舞台の準備をふたりでしているときに、相手から突然別れを切り出される。

 平凡だが幸せだった日常が崩れる。

 ミムラ演じる29歳の女教師は、ネットに依存している。日々の悩みをブログに書き込み、それに対する励ましによってひと時の安心を得ている。

 担任をしている児童を軽くしかったことをきっかけにして、ミムラの人生はまったくこれまでとは違った方向に向かっていく。

 それがドラマのスターティングのショットである。

「梅ちゃん先生」の姉役から一転……

 NHKよる☆ドラ「恋するハエ女」の第1回(2012年11月6日)と第2回(同月13日)を観た。

 ミムラのブログの書き込みにある日、ポルトガル語で「ハエ」を意味する言葉が書き込まれる。ネットで調べると誹謗中傷する意味があることがわかる。

 無視していると、その相手は、ネットにミムラが書き込んだ内容をもとにして、彼女のほとんどすべての個人情報を明らかにしてみせる。氏名、生年月日、住所、携帯電話そして、最近ネット通販で購入した真っ赤な下着まで。ミムラは驚きのあまり、胸を隠すしぐさをみせる。

 ミムラの最近の出演作品としては、朝の連続テレビ小説の下村松子の役であろう。「梅ちゃん先生」の姉役である。父母思いで、梅子に対してもあたたかい眼差しを注ぐ年上の落ち着いた役を演じた。ちょっとコミカルな梅ちゃんの堀北真希との姉妹コンビは、つい最近終わったばかりだというのにいまでは懐かしい。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍