ラストまでもう1回
NHK「太陽の罠」と「まよパン」
「家族」を描いた今年のドラマ群


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

最終回が迫るドラマを紹介する。ラストまでもう1回、充分に楽しめる。

 NHK土曜ドラマ「太陽の罠」(最終回・12月21日)と、「真夜中のパン屋さん」(同・12月24日)である。

 にっしーこと西島隆弘が演じるエンジニア・長谷川眞二が主人公の「太陽」は、太陽光発電に関する特許紛争が舞台回しとなっている。タッキーこと滝沢秀明がパン屋の主人・暮林陽介を演じる「真夜中」は、大沼紀子原作の「まよパン」の愛称で親しまれているシリーズがドラマ化された。

 パン屋を始めようとしていた矢先に事故で亡くなった、暮林の妻・美和子役の伊藤歩が、「太陽」の長谷川の妻・葵役で登場する。若手女優として演技派の伊藤歩は、それぞれ人生の謎を秘めた美しいふたりの妻を演じて、観客を引き込む。

「特許マフィア」との戦いの真相

 「太陽」の長谷川は、太陽光発電の開発に日夜取り組んでいる。公園で昼食を食べているとき、近くの会社のOLだという葵と知り合い、結婚する。

 長谷川が試作した音響装置は、植木の葉が太陽光電池の小さなパネルになっている。流れ出る音楽はジャズのスタンダード・ナンバーである「時の過ぎゆくままに」である。

 この曲が静かにゆったりと流れていきながら、ドラマはサスペンスの緊張度を高めていく。

 長谷川が勤務するメイオウ電機がアメリカの企業から、特許侵害の警告を受ける。「パテント・トロール」と呼ばれる、有望な特許を手に入れて、メーカーに対して侵害の賠償を求める特許マフィアである。

 この特許マフィアとの戦いの正面に立つのが、訴訟対策室長の濱考一(尾美としのり)である。濱役の尾美はいうまでもなく、連続テレビ小説「あまちゃん」の父親役。特許マフィアに狙われた理由を探っていくうちに、製造マニュアルが社内から漏えいした可能性があることを突きとめる。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍