フジ「若者たち」とTBS「ペテロの葬列」
豪華若手キャストvs小泉孝太郎
家族をめぐるドラマの「静」と「動」


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、蒼井優、長澤まさみ、橋本愛……日本を代表する若手俳優を配した、かつての映画でいえば「オールスター・キャスト」のフジテレビ水曜ドラマの「若者たち2014」。

 宮部みゆきの杉村三郎シリーズのTBS月曜ミステリーシアター「ペテロの葬列」は、資産家の娘を妻に持つ杉村役の小泉孝太郎が主役である。

 家族をめぐるふたつの夏改編のドラマを並行して観てきた。若手俳優たちが火花を散らす「静」と「動」の演技について魅せられる。

冷静な演技、静かな語りで進行する「ペテロの葬列」

 「ペテロの葬列」のなかで、小泉孝太郎はその主人公・杉村の冷静な演技とともに、独白ともいえる静かな語りによって、ドラマを進行させていく。

 杉村は元出版社の編集者である。今多コンツェルンを率いる今多嘉親(平幹二朗)の娘とも知らずに付き合い始め、妻の菜穂子(国仲涼子)と結婚、義父に命じられてグループ広報室で社内報の副編集長の地位にある。

 取材にいった帰りのバスが、拳銃をもった老人(長塚京三)によって、バスジャックされる。杉村と編集長の園田瑛子(室井滋)、編集部員の手島雄一郎(ムロツヨシ)と、中小企業の経営者ら8人が人質となる。

 バスジャック犯の老人は、交渉相手となった警察官に対して、3人の男女を現場に連れてくるように要求する。その間に、彼は人質たちに奇妙な約束をする。事件が終了したあとに、賠償金を支払うというのである。

 杉村は老人によって、人質たちが不安になるどころか、彼の言葉によって完全に支配されていることに気づく。ひとり編集長の園部だけが、うずくまったまま不安と恐怖にかられている。

 人質は順次解放され、バスから降り際に園部は老人にこういう。

 「わたしはあんたのようなひと知っている」

 老人は答える。

 「わたしは彼らとは違う。しかし、お詫びしなければならない。申し訳ない」と。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍