田部康喜のTV読本

2015年2月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 「好きなら私を抱いて」

 コンテンポラリーダンサーの平慶(たいら・けい=亀梨和也)から告白された、高校の化学教師の西原結唯(深田恭子)はコロセウムを思わせる夜の建物の一角で、唇を合わせると、そうつぶやくのだった。

 ふたりが出会ったのはこれがわずか3回目である。夕陽を浴びる校舎の2階の渡り廊下で、両手と組んで伸びをする結唯を、たまたま自転車で通りかかった慶が仰ぎ見た。

 結唯はポケットから飴玉を取り出して、口に入れる。

 それからしばらくたった雨の夕方、生徒たちの下校時間に校門を入った慶は、結唯に歩み寄って、そっと手に自分の名前と携帯電話番号を記した紙片を渡すのだった。

 インターネットの検索によって、結唯は慶が海外のコンクールで賞を獲得したこともある著名なダンサーであることを知る。

 いったいどうして自分に紙片を渡したのか、結唯は分からない。つきあいたいという慶の申し込みを一度は断った彼女だったが、その思いは心の隅に引っかかったままで、授業にも身が入らない。

 二度目に出会ったときに、慶が求愛のために演じるコンテンポラリーダンスが美しい。跳躍してからだを回転したかと思えば、開脚して両手はなにかを抱きしめるように組み合わされる。最後は結唯に救いを求めるように右手を差し出すのだった。

 「どうして私なの? 誰かと間違っているんじゃないの?」

 「君と一緒にいれば、自分が変われるんじゃないかと思うんだよ」

深田恭子が大人の女優に「羽化」する予感

 テレビ朝日「セカンドラブ」(金曜日よる11時15分)の第1回(2月6日)を観た。脚本は大石静。NHK「セカンドバージン」(2010年)では鈴木京香の、TBS「家族狩り」(2014年)では松雪泰子の複雑な女性心理を演じる、新しい才能を引き出した。

 深キョンこと深田恭子が大人の女優に「羽化」する予感のする、今回のドラマである。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る