NHKBS プレミアムドラマ「だから荒野」
主演・鈴木京香が女優の分岐点に魅せる

家族は簡単に壊れる、しかし……


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

東京の自宅から家出をして、旧姓の大野を名乗る森村朋美(鈴木京香)がいま住んでいる古い家は、長崎の坂の街を上った先にある。遠くに港を見下ろす風景が美しい。

 朋美が長崎に住むようになるきっかけは、自分の誕生日を家族で祝おうとして予約したレストランでの出来事だった。せっかくの日にワインでも飲もうと考えていたが、夫の浩光(杉本哲太)はいつものように朋美に運転させる。通勤の駅まで送っている朋美を「ママタク」(ママのタクシー)と呼んでいる。接待で高級なレストランにいって、自称グルメの夫は、朋美が予約したレストランの料理をけなしまくる。

 「さようなら」と発作的に席を立った朋美は家出を決意して、駐車場の車を運転して夜の街に出る。彼女の誕生日を忘れずにメールをくれた、友人の滝川知佐子(YOU)の勧めで、高校時代に付き合っていた長崎に住む宮内繁(豊原功補)に会いに行こうと、思う。

「老い」を受け入れ、演技の幅を広げる

 原作は桐野夏生の「だから荒野」である。鈴木京香主演で同じタイトルのNHKBS プレミアムドラマとなった。3月1日(日)が最終回である。

 家族はジグソーパズルのようなもので、ひとつがはずれると全体があっという間に崩れしまう。桐野の原作は登場人物たちの巧みなセリフの組み合わせによって、現代の家族のもろさを明らかにしていく。

 鈴木京香という美貌の女優が、ドラマで実年齢の46歳の疲れた妻を演じる。年月は人々に平等に訪れる。美しい若い女優たちは次々に現れる。

 三谷幸喜の映画や舞台の常連で、「三谷組」の一員である鈴木京香がこれからどのような女優人生を歩むのか。今回のドラマはその転機になるのではないか。「老い」に対して抗(あらが)うのではなく、率直に受け入れて演技の幅を広げる可能性である。

「ショーシャンクの空に」へのオマージュ

 朋美は高速道路のサービスエリアで知り合った、若い女性の桜田百音(小野ゆり子)に同情を寄せる。婚約者に置き去りにされた彼女は素足で寒さのなかで立ち尽くしていた。

 一般道に降りて、ふたりでラブホテルの泊まった翌朝、朋美は桜田が車を盗んで去ったこと知る。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍