医学界を果敢に改革した第一人者が語る「正論」

『患者さんに伝えたい医師の本心』


足立倫行 (あだち・のりゆき)  ノンフィクションライター

早大政経学部中退後、週刊誌記者などを経てノンフィクション作家に。近著に『血脈の日本古代史』(ベスト新書)『倭人伝、古事記の正体』(朝日新書)。

オトナの教養 週末の一冊

»最新記事一覧へ

 著名な医師が書いた体験的医療論、と聞くと、これまで多くの患者を完治に導いた医療技術の自慢か、そこから引き出した一方的な医療論、などとつい思ってしまうが、本書はそうした類書とはまったく違う。

 東京の三井記念病院の院長である著者は、日本心臓血管外科学会理事長を務めた心臓血管外科のエキスパート。しかし冒頭は病死した妻の話だ。糟糠(糟糠)の妻を闘病11年の末、乳ガンで亡くした体験から、専門外の領域では医師も「単なる患者の家族」と説き起こす。

 そして、アメリカから帰国後に研鑽を積んでいた埼玉医大で、上司への意見具申によって左遷され、左遷先の病院で「虚脱状態」に陥っていた時、医師の知らないことを逆に患者に教えられ、「病気を治すのは患者さんの命の力」と思い知った話……。

 通読して感じるのは、「患者と共に生きる医療」志向と、信念を持って医療改革を行う改革者の姿。自分の病院の改革は当然だが、医学界に今なお残る陋習(ろうしゅう)にも果敢に挑み、さまざまな分野で実際に成果をあげてきた。

 「東大医学部教授時代には、教務委員長としてカリキュラムの全面改定やチューター制度の導入など、医学部長らの壁を押し切って断行していますね。母校の恥部をも描いたわけですが、周囲の反響は?」

 「反発もありますが、〝あの人しか書けん〟と言う声も。いや、正論を吐くべき時は吐かんといかんのです。我々の世代が小さな利害関係に汲々としていると、被害をこうむるのは後輩たちになりますから」

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「オトナの教養 週末の一冊」

著者

足立倫行(あだち・のりゆき)

ノンフィクションライター

早大政経学部中退後、週刊誌記者などを経てノンフィクション作家に。近著に『血脈の日本古代史』(ベスト新書)『倭人伝、古事記の正体』(朝日新書)。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍