チャイナ・ウォッチャーの視点

2016年4月1日

»著者プロフィール
閉じる

高田勝巳 (たかだ・かつみ)

株式会社アクアビジネスコンサルティング代表

株式会社アクアビジネスコンサルティング 代表取締役。拓殖大学で中国語を専攻し、1984年より1986年まで中国の遼寧大学、北京大学での留学を経て、1987年に当時の三菱銀行に入行。1993年より同行上海支店開設のために上海に赴任。1998年に同行を退職後、上海で独立し、それ以来上海を拠点としたコンサルタントとして活躍。2002年より現職。この間、多くの日中間のビジネスにコンサルタントとして関与、最近は日系企業の顧客以外にも中国企業の対日投資並びに技術導入も支援している。中国の第一財経テレビ、香港のフェニックステレビの時事討論番組のコメンテーターとしても活躍している。

 先日、上海の虹橋空港から、東京の羽田空港に着いた際、グーグルマップで家までの電車のルートを検索したら、Uberの広告がでてきた。

 初回半額だか30%引きとかあったので、都内の自宅まで定額を使えばお得と思い、入管を通り、荷物を受け取るまでの間にネットで利用登録し申し込んだら、ほぼ待つことなく羽田空港国際線のハイヤー乗車口に黒塗りのクラウンハイブリッドが迎えに来てくれた。

iStock

 どういうことかよくわからず乗り込んだら、車はUberが都内のハイヤー会社から借り受けて運行する緑ナンバーの車両であった。

 本国米国では、自家用車を相乗りすることから始まったUberであると思うが、日本では、さすが、それでは白タクとなってしまうので、コンプライアンス経営をしているわけである。

 運転手の対応は全くハイヤーのそれで丁寧でそつのない快適なものであった。料金はほぼタクシーよりやや高い程度で、距離によってはタクシーより安くなることもあるとのこと。

 空港定額の料金は、タクシー会社のものよりやや高いレベルのようだ。大事なお客さんを案内する際には使い勝手がいいと感じた。東京で、中国からの大事なお客様を案内するときは、車両とサービスがハイヤー並みのMKを使うことが多いが、時間帯によってはとりにくいこともあるので、そのようなときにはいいかもしれない。

 その運転手によると、中国でも使えるというので、その後、上海に戻った帰りに早速、虹橋空港で使ってみた。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る