田部康喜のTV読本

2016年6月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 現在北朝鮮で行われている権力政治は、中・長期的に見て「北朝鮮における権力構造が変化する可能性」を内包している。

 元駐大韓民国大使の小倉和夫氏をはじめとする、日韓の研究者による「解剖 北朝鮮リスク」(日本経済出版社・2016年2月)は、北朝鮮の金正恩体制について、政治軍事や経済部門、金正恩氏の健康問題など、多角的に分析したうえで、体制が変化する可能性を明らかにした。

iStock

2年の歳月をかけて制作

 NHKスペシャル・スクープドキュメント「北朝鮮“機密ファイル”知られざる国家の内幕」(6月5日、再放送7日)は、北朝鮮の軍中枢から漏えいした1万2000頁に及ぶ機密文書をNHKが入手し、専門家による分析と、北朝鮮からの脱北者である元軍人の証言などを加えて、北朝鮮の権力構造を具体的に明らかにした。

 日本の専門家に北朝鮮の貿易会社幹部を名乗る人物が接触してきて、USBメモリー1本に入力した機密ファイルを、ドルを含めて計300万円相当で売却してから、NHKは密着取材に成功し、2年の歳月をかけて今回の番組となった。

 機密ファイルは、軍の組織部が作成したもので、金正恩氏の指令とその実施状況の報告から、軍人の指名と役職、軍事施設の展開の状態、秘密警察が軍人を監視した報告書など、多岐にわたっている。

 韓国駐在の元米軍情報将校だった、ロジャー・カバゾフ氏は「これまで推測するしかなかった北朝鮮の軍事体制、権力構造が具体的なデータに基づいて明らかにすることができた」と語る。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る