風の谷幼稚園 3歳から心を育てる

2010年2月18日

»著者プロフィール
著者
閉じる

野村 滋 (のむら・しげる)

株式会社コンテンツ・ファクトリー代表

情報誌会社勤務時代に取材で、創立間もない風の谷幼稚園と出会う。その後12年間、風の谷幼稚園の変遷を追い続けている。風の谷幼稚園の教育実践記『4歳の胸のうち』『5歳の誇り』を同社から出版。

 また、このプロセスにはコミュニケーション力を高めていくための大切なエッセンスも含まれている。それは、自分の思いを適切な言葉に変換したり、逆の見方をすれば、相手の思いを“言葉”を手掛かりに推察したりして、意識をすり合わせていくことだ。このエピソードからもわかるように、使われる言葉は同じでも、思い浮かべているものは全く別であることが多い。そして、このギャップは大人でも往々にして起こる。だからこそ、自分の思いを適切な言葉で伝えたり、言葉を置き換えたりしながら相手の思いを見つけ出せるような力が必要だ。この観点で考えるならば、抽象的な概念で思考停止しやすい「リーダー決め」というテーマは、この力を育てるにはむしろ適切な素材と言える。思考停止することなく、思考を深めながら具体化し、適切な言葉を探し、相手の心中に思いを巡らせる。これがコミュニケーション力の土台となり、その力を高めていく。

 ここまでの取材だけでも「なるほど」と唸ってしまったが、風の谷幼稚園の「リーダー決め」の教育意図はこれに留まらない。他にも大切なポイントがある。それは、日本の教育において間違いなく不十分といわざるを得ないテーマに対しての取り組みである。これについては次回、エピソードとともに詳しく紹介していこう。

 ※次回の更新は、2月25日(木)を予定しております。

風の谷幼稚園
園長・天野優子氏が、理想の幼児教育を実現するためにゼロから建設に乗り出す。様々な困難を乗り越え、1998年に神奈川県川崎市麻生区に開園。「人間が人間らしく、誇りを持って生きていく」ための教育を実践している。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る