「資格王子」のワンポイントレッスン

2016年10月25日

»著者プロフィール
閉じる

鬼頭政人 (きとう・まさと)

資格スクエア代表/弁護士

資格スクエア代表。1981年生まれ。開成中学、開成高校を経て、東京大学法学部に現役で合格。卒業後、慶應義塾大学法科大学院に現役で進学、在学中に司法試験に一発合格。法律事務所に弁護士として勤務した後、投資ファンドを経て、2013年12月に資格試験対策をオンラインで提供する「資格スクエア」を創業。

 試験官が「受験生に分かっていてもらいたい」と思う箇所はある程度限られてくるので、膨大な量の範囲を一から十まで勉強しなければいけない、というような事態にもならない。過去問を味方につければ、もう合格は遠い存在ではないだろう。

 ここまで勉強法について解説してきたが、勉強には個人の癖ももちろんある。自分なりの学習法があるという方は、柔軟にご対応いただきたい。逆に言えば、何回も試験に落ち続けている人は「自分の癖」が間違った方向にいっている可能性があるのでご注意いただきたい。

 最後に、資格試験は「合格」がゴールではない。合格してからがようやくスタートである。一人でも多くの方が、最短でこのスタート地点にたてることを願っている。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る