書籍詳細

【近刊】
総統とわたし ー「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間
早川友久

総統と書いて「ラオパン」と読むわけではないが、日本の政治家秘書が自分の仕える政治家を愛をこめて「おやじ」と呼ぶようなニュアンスで、台湾では老闆(ラオパン)と呼ぶ。この本は、去る7月30日に97歳で亡くなったアジアの哲人、台湾元総統・李登輝氏の人となりをずっと近くで見続けてきた唯一の日本人秘書が見た、8年間の記録である。

 
 

 

>>Amazonで予約する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで予約する

>>hontoで予約する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

<書籍データ>
◇新書判並製 約200ページ
◇予価:本体1,400円+税
◇発売予定日:2020年10月16日
◇ISBN:978-4-86310-233-0

 

<著者プロフィール>

早川友久/

1977年栃木県足利市生まれ。現在、台湾台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業後、金美齢事務所の秘書として活動。その後、台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に李登輝訪日団スタッフを3回務め、メディア対応や撮影を担当するスタッフとして、李登輝チームの一員となる。2012年、李登輝から指名を受け「李登輝総統事務所」の秘書に

【近刊】<br />総統とわたし ー「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
新型コロナ       こうすれば共存できる

2020年10月号(9月20日発売)

特集
新型コロナ       こうすれば共存できる

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
令和大江戸あんこ物語

2020年10月号(9月20日発売)

特集
令和大江戸あんこ物語

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。