偽情報戦争

あなたの頭の中で起こる戦い

小泉 悠 ,桒原 響子 ,小宮山 功一朗
電子版あり
New
偽情報戦争
電子版あり
偽情報戦争
あなたの頭の中で起こる戦い
小泉 悠 ,桒原 響子 ,小宮山 功一朗

現代の戦争は我々の「頭の中」でも起きかねない。新時代に必要な情報安全保障について、 ロシア軍事専門家の小泉悠氏はじめ気鋭の専門家3人が提言する!

定価:2,090円(税込み)
四六判並製 256ページ
発売日:2023年 1月20日
ISBN:978-4-86310-259-0
試し読み
リンクをコピーしました

情報をめぐる新時代の闘争は、我々の「頭の中」でさえ起きる!

ロシアは2022年ウクライナ侵攻以前から、偽情報の発信や情報戦を駆使してきた。

人間の「認知」領域は新しい時代における闘争において重要な要素を占めることとなり、国家の安全保障上の一つの焦点となるであろう。

しかし、日本ではまだその重要性や脅威について認識が高まっているとは言えない。

我々はディスインフォメーションをどのように理解し、備えるべきなのか――。

ロシアの軍事専門家・小泉悠氏をはじめ、新進気鋭の若手専門家3人が立体的考察を試みる!

 

 

<目次>

第1章 外交と偽情報――ディスインフォメーションという脅威
第2章 中国の情報戦――その強硬姿勢と世界の反応
第3章 ロシアの情報作戦――陰謀論的世界観を支える理論
第4章 ポスト「2016」の世界――ロシア・ウクライナ戦争までの情報戦の成功と失敗
第5章 情報操作とそのインフラ――戦時の情報通信ネットワークをめぐる戦い
第6章 民主主義の危機をもたらすサイバー空間――「救世主」から「危機の要因」へ
終章 日本の情報安全保障はどうあるべきか

 

著者プロフィール
小泉 悠 (こいずみ ゆう)

東京大学先端科学技術研究センター講師。専門はロシアの軍事・安全保障政策。早稲田大学大学院政治学研究科(修士課程)修了後、民間企業勤務、外務省国際情報統括官組織専門分析員、公益財団法人未来工学研究所研究員、東京大学先端科学技術研究センター特任助教などを経て2022年から現職。主著に『ウクライナ戦争』(筑摩書房)、『現代ロシアの軍事戦略』(筑摩書房)、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)などがある。

桒原 響子 (くわはら きょうこ)

日本国際問題研究所研究員。大阪大学大学院国際公共政策研究科修士課程修了(国際公共政策)。外務省大臣官房戦略的対外発信拠点室外務事務官、未来工学研究所研究員などを経て、現職。京都大学レジリエンス実践ユニット特任助教などを兼務。2022〜2023年は、マクドナルド・ローリエ・インスティテュート客員研究員としてオタワで活動するとともに、米国シュミット財団(Schmidt Futures)2023 The International Strategy Forumフェローとしても活動。著書に、『なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか:日中韓 熾烈なイメージ戦』(ウェッジ)、『AFTER SHARP POWER:米中新冷戦の幕開け』(共著、東洋経済新報社)。

小宮山 功一朗 (こみやま こういちろう)

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターで国際部部長として、サイバーセキュリティインシデントへの対応業務にあたる。慶應義塾大学SFC研究所上席所員を兼任。FIRST.Org理事、サイバースペースの安定性に関するグローバル委員会のワーキンググループ副チェアなどを歴任した。博士(政策・メディア)。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 政治・経済 偽情報戦争

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
ehon