Back numberバックナンバー

時を超えるガラス

ページをシェアする

2022年7月号

2022年620日発売

定価550円(税込)

特集

時を超えるガラス

岡山・倉敷

文=瀬戸内みなみ

最新号を試し読み ほんのひとときで試し読み

購入する

buynavi-arrow 紙面を購入 定期購読約25%OFF お申込み前に必ずご確認ください

特集

時を超えるガラス

岡山・倉敷

縁側で涼やかな音色を響かせる風鈴、どこか懐かしいかき氷の器……夏はことに、現代の暮らしに欠かせないガラスは、日本ではおよそ2000年前の弥生時代から作られ始めたのだとか。全国に数多ある産地のなかで、今回はひとの息を吹き込んで生まれる吹きガラスを訪ねて倉敷へ。当地では、実直に素朴な器を作り続ける名工、新しい表現に挑む次世代の作家、そして彼ら「作り手」の作品を、「使い手」である私たちにつなぐ「配り手」たちがしっかりと手を携えているのでした。

文=瀬戸内みなみ